三菱自 外国籍者や障害者、シニアの雇用を促進

三菱自動車はダイバーシティーの推進に向け、
外国籍者や障害者、シニアの雇用促進に乗り出す。

000
画像元 https://twitter.com/elim_ginger/6064


海外関連会社との人事交流の連携強化や非英語圏の若手社員の派遣制度などを発展させながらグローバル人材を育成する。同時に、議論や研修を通じて障害者やシニア層の働きやすさの改革を進めることで雇用率の引き上げを目指す。2014年度に立ち上げたダイバーシティ推進部を中心に女性活躍を推進しながら、人材の多様化を模索していくことで取り組みを加速する。  
三菱自は14年にダイバーシティー推進方針を策定し、推進部署を設置した。当面の重要課題として女性の活躍推進を掲げ、育成に向けて各種プログラムを実施している。昨年は仕事と育児や介護との両立支援制度の導入に向けてセミナーを展開。性別に関わらず利用できる仕組みについて検討を重ね、制度の充実を図った。毎年段階的に対象人材や範囲を拡大する行動計画を採用しており、16年は外国籍者や障害者、シニア層の育成や雇用促進についても注力する。海外の関連会社との短期交換研修や新興国の若手社員の派遣制度などを通してグローバル人材の育成を目指す。  
同社の15年4月時点における障害者雇用率は2・09%だった。特例子会社「MMCウィング」とも連携、働きやすさの改革などを進めることで雇用率の引き上げを目指す。  多様化を進める上では、あらゆる人材が働きやすい職場環境を構築するため、社員の要望の聞き取り調査や実態把握を行う。また、各種制度が運用しやすいように社員研修も強化する。管理職に対しては、外部講師によるセミナーや参加者間でのディスカッションなどを実施する。このほかすべての女性社員向け、女性管理職向け、育児休暇取得者とその上司など階層や現在置かれている立場ごとの研修も充実する。社員の理解を深めながら人材の多様化を進める。
日刊自動車新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-02-24 18:54 | 三菱自動車 | Comments(3)

Commented by フォルティス at 2016-02-24 19:28 x
わざわざ雇用促進言わなくても 国内ラインナップ充実と販売網たてなおしで上向けば 雇用促進!
Commented by コルト at 2016-02-24 19:43 x
製造する車種を減らしといて雇用推進って何か矛盾してるし…配置転換ばかりしていたら雇用推進とはならないし出来てない。
Commented by ななし at 2016-02-24 21:07 x
ガルパンコラボのアウトランダーでも出すのかとw
パジェロとかD5のガルパンエディションとか出せば売れそうな気がするけど。