三菱自 国内生産60万台維持へ

三菱自動車は2019年度から、
国内の全完成車工場でスポーツ多目的車(SUV)を生産する。
SUV「RVR」次期モデルの生産を名古屋製作所(愛知県岡崎市)から水島製作所(岡山県倉敷市)へ移管し、年間10万―15万台を生産する。

00000


総投資額は約150億円と見られる。
国内の完成車3工場全てで戦略車種のSUVを生産し、同60万台超の国内生産を維持する。 19年度のRVR全面改良に合わせて生産を移管する。水島の完成車組み立て2ラインのうち1ラインをほぼRVR専用とする。水島で生産中のセダン「ランサー」はRVR移管と同時期に生産を終了する。もう1ラインで生産する軽自動車と合わせて、水島は同35万台のフル稼働を目指す。 移管するRVRに替わり、名古屋では17年度に発売する新しい上級小型SUVを生産する。北米の生産拠点閉鎖と新型SUV「アウトランダー」の好調を受け、SUV中核拠点の名古屋での生産は逼迫(ひっぱく)している。このため15年末にはパジェロ製造(岐阜県坂祝町)でアウトランダーの補完生産を始めた。 19年度以降の各拠点の生産車種は、名古屋がアウトランダーと新SUV、水島が軽とRVR、パジェロ製造が「パジェロ」と「デリカD:5」、アウトランダーとなる。一連の生産車種見直しにより、国内拠点間で生産台数のバランスを取る。 日本の自動車メーカー各社は生産車種を見直し、国内生産の最適化を図っている。日産自動車は今夏に「ノート」の生産を九州工場(福岡県苅田町)から追浜工場(神奈川県横須賀市)へ移管する。ホンダは北米向け小型車「フィット」を寄居工場(埼玉県寄居町)から鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)に移管し、欧州向け「HR―V」と「CR―V」を国内生産する。国内生産は年間90万台半ばとなる見通しだ。

三菱自動車はスポーツ多目的車(SUV)「RVR」の移管により、国内完成車工場全てで戦略カテゴリーのSUVを生産し、生産面で”集中と選択“の効果を引き出す。RVR移管先である水島製作所(岡山県倉敷市)の稼働率を足元の88%からフル稼働に引き上げる。これにより、日本でモノづくり力を高める上で必要と考える60万台以上の国内生産のめどがつく。また、水島で生産する軽自動車と小型SUVは三菱自の国内生産車種の中でサイズが小さい。高水準の生産はサプライチェーンの維持・強化やコスト競争力を高めるためにも課題だった。三菱自は2月にSUVと電動車を中心とした2020年度までの商品戦略を公表したばかり。17―20年度にラインアップの大半を全面改良して新型車14車種を投入する計画で、17年度には新型SUVを投入し、18年度には「アウトランダー」を全面改良する。RVRに電気自動車(EV)、新型SUVにプラグインハイブリッド車(PHEV)を設定し、電動車は5車種に増やす。一方で「ランサー」の自社開発を取りやめるなどで開発の集中と選択を進める。次のステップでは、電池やモーターなどの電動車向け主要部品の競争力強化が焦点となりそうだ。
日刊工業新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-03 17:19 | 三菱自動車 | Comments(0)