マツダ編 「 円高だけど大丈夫? 」


日銀のマイナス金利で一気に進んだ円高。
自動車各社は、一ドル118~115円想定していますが、
今の現状をどうとらえているか、質問してみました。
まずはマツダの回答。

00000


「 2月4日に第3四半期決算を発表いたしましたが、足元の主要国での経済環境変化に伴う自動車需要への影響や、為替・原油など金融市場の変動を慎重に見極める必要があることから今期の通期の台数および利益見通しを据え置きました。 」

円高だが、値上げと販売増で対応
「 新型Mazda2の本格販売やCX-3/MX-5などの新型車導入、CX-5/Mazda6商品改良モデル等による台数貢献により、新興国等の通貨安に対応した値上げを実施していくなか、計画を上回る販売を目指しております。 また、台数増によりコスト改善も進捗しており、加えて原材料価格も更に低下の見通しです。 」
「 一方で為替は、新興国通貨含む主要通貨の円高進行によりマイナス影響となる見通しです。これら状況を勘案し、通期見通しを据え置き、営業利益2,300億円の達成を目指し進めております。また、来期の見通しにつきましては次の決算発表時にご説明させていただく予定です。 」
マツダ(株)財務本部 IRグループ

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-07 20:03 | マツダ | Comments(0)