パジェロのような本格大型は「 絶滅危惧種 」 

ふつうの自動車より床が高く、
オフロード走行を意識したデザインの「スポーツ用多目的車(SUV)」が人気だ。
売れ筋は、1990年代にブームを巻き起こした
三菱自動車「パジェロ」のような硬派な印象の大型車ではなく、
おしゃれな外観で低燃費の「草食系小型SUV」だ。 

000


「 新ジャンルのクロスオーバーとして投入ログイン前の続きしたい 」。
スズキの鈴木俊宏社長は今年1月の記者会見で、新型車「イグニス」をこう紹介した。 
「クロスオーバー」とは、悪路を走破するための頑丈な構造を持たないSUVのこと。最近は排気量1・5リットル、全長4・3メートル程度の小型クロスオーバーが人気だ。イグニスは排気量1・2リットル、全長3・7メートルとさらに小さい。簡易ハイブリッド車(HV)のみの設定で、ガソリン1リットル当たり28・8キロの低燃費を実現した。 スズキはイグニスの投入で、小型SUV市場の成長を取り込みたい考えだ。2000年代の新車販売(軽を除く乗用車)に占めるSUV比率は5~10%程度だったが、14年度は約15%に上昇。原動力は35%を占めた小型SUVで、前年度の18%から急増した。 小型SUV人気に火を付けたのは、13年末にホンダが売り出した「ヴェゼル」だ。低燃費のHVが好評で、14、15年に国内で最も売れたSUVになった。
マツダも15年2月に「CX―3」を発売。燃料費の安いディーゼル専用車で、燃費を気にする層に受けている。 小型SUVは、オフロード車の雰囲気を取り込みつつも、小型乗用車の派生車という位置づけの車が目立つ。通常のSUVは、オフロード走行のために地面から車体の床までが20センチ以上あるのに対し、小型SUVは街乗りを意識し、20センチを下回る車種も多い。最近の小型SUVは、これまでの角張った印象の外観と異なり、流線形を多用したおしゃれないでたちで、女性の受けもいい。 

■本格大型は「絶滅危惧種」 
SUVの販売は全般的に好調だが、日産自動車が15年に「エクストレイル」でHVを追加するなど、燃費性能重視の流れを無視できなくなっている。いまのSUV人気の源流になった大型の本格SUVには逆風だ。排気量が3リットルを超える車種が多く、「もはや日本では絶滅危惧種」(大手メーカー広報)。 三菱は、本格SUVの代名詞とも言えるパジェロの新型車の開発は、海外で売る「パジェロスポーツ」の次期車を開発するときに検討する。相川哲郎社長は「各国の環境規制が厳しくなり、現状のパジェロの延長で次期車を開発しても生き残れない」。当面は中小型SUVの開発に注力する方針だ。(榊原謙、田中美保)
朝日新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-10 17:14 | ニュース・その他 | Comments(4)

Commented by mtip at 2016-03-10 18:05 x
しかし朝日の記者もヒマそうですね。
Commented by 寝男 at 2016-03-11 13:18 x
絶滅危惧種ですか・・・?
それなりに需要あると思うんですが・・・
ランクルやパジェロ、サファリに乗ってる人結構見かけます。
Commented by あのに at 2016-03-11 16:03 x
この手の車をメーカーが作りたがらないのはクロカン向けですから頑丈で、ユーザーがなかなか乗り換えないからだと思います。
日本製の信頼性に多くの車種のエンジンはガソリンエンジンより耐久性のあると言われるディーゼルエンジンです。
ボディやサスも頑丈ですから。
一定層好む人がいても買い替えが起きないとメーカーには旨味ありませんから。
Commented by ワールド at 2016-03-18 18:49 x
三菱は需要があってもなくてもクルマを出さないメーカーになってしまいました。最初から売れるとわかってれば誰だって出しますよ。

三菱はそこをわかってないな。相変わらず恥ずかしい理屈です。