三菱自 2020年に自動駐車・充電



三菱自動車は電気自動車(EV)などが自動で駐車場の空きスペースを見つけて入庫し、駐車している間に自動充電する技術を実用化する。すでに実現しているカメラやセンサーを使った走行支援システムを発展させるかたちで実用化を進める。東京五輪・パラリンピックが開催される2020年をめどに、主力のEVなどでの新機能の実用化をめざす。
nikkei.com
[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-18 11:39 | 三菱自動車 | Comments(0)