日産 新型セレナに初採用?今年中に自動運転機能

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は23日、
高速道路に限定した自動運転機能を
「 今年発売する新モデルに採用する」 と明らかにした。

00000

車種は明言しなかったが、
全面改良するミニバン「セレナ」に搭載する見通し。 
世界に先駆けて日本で今年導入する。  米ニューヨークで23日始まった「ニューヨーク国際自動車ショー」の会場で、共同通信などとのインタビューで語った。  この機能は、高速道路での走行で、搭載したカメラやレーダーなどを使って道路の白線や前方を走る自動車を検知し、ハンドル操作や加速、減速を自動的に行う。  日産は、搭載する車種を徐々に拡大。2018年に高速道路での自動的な車線変更も可能な機能を導入し、20年には交差点を含む市街地での自動運転機能の実用化を目指している。(共同)
sankeibiz.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-24 17:00 | 日産 | Comments(0)