【動画】マツダ 新型ロードスターがワールドカーオブザイヤー受賞



世界各国の自動車評論家らが選ぶ2016年の「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」が24日、「ニューヨーク国際自動車ショー」の会場で発表され、最優秀車にマツダの「MX−5」(日本名ロードスター)が選ばれた。優れたデザインの車に贈られる賞も受けた。 環境性能が優れた車の賞は、トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」が受賞した。広告inRead invented by Teads ロードスターは2人乗りオープンカーで昨年、4代目モデルとして約10年ぶりに全面改良された。楽しく運転できる車として評価された。 日本車が最優秀車に選ばれたのは、11年の日産自動車「リーフ」以来。
毎日新聞

マツダ米子会社の毛籠勝弘社長は「非常にうれしい。
(MX—5は)マツダブランドの象徴だ」と喜びを語った。
時事通信

00000

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-25 03:02 | マツダ | Comments(1)

Commented by おメデトウございます。 at 2016-03-25 18:24 x

マツダ関係者およびマツダファンの皆さまお目出とうございます。
欧米でのマツダ車への評価は、恐ろしい程ですね。特にヨーロッパでは、マツダは日本車の代表選手という感じ。

新生代マツダ車は全て全世界販売を前提に企画・設計されている事が、ワールドカーオブザイヤーという賞と相性が良いのも有るのでしょうが、世界中で評価されている車を日本車の価格と信頼性で乗れることは大変ありがたいと感じています。但し一部の欧州車フェチには目の上(下?)のタンコブでしょうが。