日産 リチウムイオン電池の生産を日本製に切り替え

日産自動車は今夏にも、
日本向け電気自動車(EV)「リーフ」のリチウムイオン電池の生産を
米国製から日本製に切り替える。

00000


これに伴い、国内工場に25億円を投じ生産ラインを改造する。
部材の価格競争力や納期などでメリットがでると判断、新モデルの発売から1年足らずという短期間で調達先を変える。グローバルで調達ルートを最適化し、全体の競争力を高める。 日本向けリーフは航続距離228キロメートル仕様と、2015年末に追加した同280キロメートル仕様がある。同280キロメートル仕様の電池は日産の米スマーナ工場で電池セルを生産し、モジュールにしてから、追浜工場(神奈川県横須賀市)でパックにして車両に組み付けている。
今後、日本向けリーフの電池生産は、日産とNECの共同出資会社であるオートモーティブエナジーサプライ(同座間市、AESC)が一貫して担う。電池の基本仕様は変わらない。 欧州向けリーフの電池生産もスマーナ工場からAESCに切り替える。米国向けリーフの電池は引き続きスマーナ工場で生産する。 AESCは移管にあたり、主要部材である正極、セパレーター、負極のシートを積層するラインを改造し、今夏に稼働する。同社の積層ラインは7本あり、これまですべて航続距離228キロメートル仕様向けだった。今回、うち3本を同280キロメートル仕様向けに改造する。 発売から約1年での短期間で基幹部品の調達先を変更するのは異例だ。ただ、日産幹部は「当初からの計画通り」としている。 日産はスマーナ工場で生産する同280キロメートル仕様の電池セルにコスト競争力が高い韓国LG製の正極を採用している。今回、日本の調達先から同等コストの正極が調達できるようになったことが日本製に切り替える大きな要因になったようだ。
日刊工業新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-28 17:49 | 日産 | Comments(0)