【管理人の愚痴】三菱自 米国撤退か?イリノイ工場再開か?


三菱自 米国撤退か?イリノイ工場再開か?
一瞬、ドキッ (゚Д゚ エッ!? とするようなタイトルですが、僕個人の勝手な意見です。

最近の円高で各自動車メーカーに対応策を聞き、ブログにも紹介しましたが、共通して言われたのが、「 これからは為替に左右されないような経営が望まれる 」 というこでした。 つい最近まで、円安なのに日本で生産しないなんてナンセンスと思っていたのですが、この不安定な為替に、どのメーカーもうんざりしてきたのでしょうか。 マツダに電話で聞いたとき、「 円安でドル高になっても、アジアや他の新興国通貨が安くなるから、あまり恩恵がない 」 と答えていましたね。
北米中心で大きな利益を出しているスバルでさえ、国内工場増強より、米国での生産を増やすことを選びました。 トヨタとの契約がきれ、生産に余裕が生まれるというだけの理由ではなく、今の為替水準はリーズナブル、これでもやっていけるのだということをお見せしたいと、第三四半期決算、NYモーターショーのインタビューでこたえられています。 そのインタビューのなかで 「 そこの地域で作って売るのが大切 」 だと吉永社長の言葉が印象に残りました。
いわゆる地産地消ということです。
一円円安で年間100億の利益がとれる、あのスバルがそういうのです。
生産地の雇用、ブランドの向上・・・ など、目に見えない利益がいろいろあるのだと思います。 何よりアメリカ大統領選挙で、何人かの候補者が日本の為替について言及していること。  トランプ候補なんか大幅な関税をかけるみたいなことをいっていますね。 そもそもあんたらだって量的金融緩和していたじゃないかと突っ込みたくなるのですが、いくら言っても聞かないでしょうし、どの候補者が大統領になろうとも、ドル高が続けばそれなりの対応はしてくるでしょう。 一ドル112円でもドル高だというし。 もう、円安になれば輸出企業が恩恵をうけるという考えは改めなくてはいけませんね。



さて、三菱自動車の北米イリノイ工場の閉鎖についてですが、
僕はなんとか再開できないかなと、思っています。 
この工場、建てた時の条件がえらい厳しく、労働者の賃金も高いそうです。 これがどこも買い手が見つからなかった大きな理由。 どっかの記事によると、この閉鎖で年間100億の利益が見込まれるとありました。 確かに全量を輸出し、販売も維持できれば、大幅増益となるでしょう。 しかし、そういうメーカーに対しては今後、長い目で見れば不利になるような政策がとられるでしょうし、そうなれば現地に工場をもたないメーカーは商売が難しくなります。 そもそも北米の工場は、RVR(アウトランダースポーツ)だけでもやっていけたのです。 ただ生産している車種が一車種のみで、しかも利潤の低い小型SUV。 大型車のほうが需要あるのに、ここでどうしてパジェロスポーツやトライトンを作らないのか不思議でなりません。 セダンまで作れとはいいませんが、この二車種くらいは現地で作ってもよいのではないかと思うわけです。 どこの国だって、自分とこで作った車に愛着がわくはずです。 ミラージュがいい例ですよ。 タイで作ったものを日本で売るのですから。 「 ミラージュが売れても日本にはなんら貢献しない 」 ネットで評されたことです。 この車がもし国産車なら、もっと売れていたのではありませんか? 
RVRだって、現地生産に切り替えてから販売増につながりました。
イリノイ工場が売れなかったということを幸いに思い、
なんとか再開し、パジェスポ、トライトンを生産し、雇用に貢献してもらえませんかね?
でないと、再び起こるであろう米国の日本たたきに対応できなくなり、
スズキみたく撤退なんて、冗談ではすまなくなります。
あの時、工場を手放さなければよかった・・・ なんてね。
スズキはまだいいですよ。 インドという確固たる市場をものにしているのですから。
益子さんなら、再開するくらいなら撤退したほうがいいと言いそうですね。

とまぁ、久々に愚痴ってみました。

[PR]

by ganbaremmc | 2016-03-29 20:01 | 管理人のボヤキ | Comments(6)

Commented by mtip at 2016-03-30 00:00 x
自分もできるならイリノイ工場は残して欲しかったです。
ただ日系で唯一UAWに加盟してるとか、北米で一番売れてないメーカーの工場が一番コスト高いとなると厳しかっただろうなと。
一回閉鎖して、従業員再契約するとか。
それは労組が許さないのかな。
自分は今のサイズだとアメリカではパジェロもパジェロスポーツもサイズ的に半端で、売れない気がします。
実際にたまに向こう行っても、そのサイズのSUVがあまり見かけないし。
もう一回り大きくするか、小さくするかしないと。
ただ、確かにやっぱりおらが国で作ってれば感情がちがいますよ。きっと。
好調のRVRと、これからのアウトランダー、できればそのシャーシを使ったセダンを作って日本と韓国、カナダ、中南米に持ってくるとか。
でも実際には、“北米工場”を復活できたとしても、メキシコになるんですかね。
Commented by ganbaremmc at 2016-03-30 02:26
> mtipさん
ほう。
小さくてもCR-Vクラスなら大丈夫かと思っていたのですが。
しかし、これから各国の首脳者たちは、自国生産でないと優遇を受けれないような政策を出してきそうな気がします。トランプが支持を伸ばしているのをみて、アメリカの本音がみえてきたし。もう円安だからと喜ぶ時代じゃないのかな。
ちょっと雲をつかむような無茶な希望を愚痴ってしまいました
Commented by mtip at 2016-03-30 13:58 x
> ganbaremmcさん
確かに税制も輸入車に厳しくなっていきそうですね。
それと筆足らずですみません。
あのサイズのSUVというのは、あのクラスのFRベース、いわゆるクロカン系の車です。
CR-VとかハリアーみたいなFFベースのライト系だといいんでしょうけど。
車格的にパジェロとパジェロスポーツのライバルにあたりそうな車となると、レンジローバーとかランクル兄弟、GMやフォードのフルサイズになりそうです。
(フォードのエクスプローラーは巨大なままFFベースになりましたが)
あの辺と比べると小さいし、実際現行パジェロはアウトランダーと室内幅はほぼ同じ、長さが30センチ違うから室内の長さはあるんですけど、座った印象では大差ないんですよね。
そのライト系に近いサイズ感に対して価格差、燃費も含めた維持費を考えると、パジェロを積極的に選んでくれる人がどれだけいるのか。
(と言いつつ、実際にアメリカでアウトランダーとパジェロの税金にどれだけ差があるかは調べてないんですが)
そんな維持費なんか気にしないっていう金持ちが高級感含めて今の三菱を選ぶ理由がどこにあるか。
アメリカ人って日本以上に車にブランドを求めるらしいので。
そう考えると、アメリカで生産してペイするのはどちらも厳しいんじゃないかと。
メキシコより南で実用的に本格4WDが必要な国ならいいでしょうから、輸出すればいいんでしょうけど。
最大のブラジルが確か輸入車にかなり厳しい税制だった気がします。
だからいっそ、アメリカで勝負するならコンセプトGRぐらいコンセプトと動力系が吹っ切れれば、まだ可能性はあるのかなとは思ったんですが、どうでしょうね。。。
Commented by ganbaremmc at 2016-03-30 17:56
> mtipさん
ほうほうー
なるほど、さすがにレンジやフォードと勝負しろとは言いませんが、FR駆動のSUVという変わり種みたいな感じで需要がありませんかね? あの動画で見た走破力はやっぱりすごいですよ。 アジアだけでは勿体なく思います。 三菱の規模だと月1000台売れればよいのではないでしょうか? どうもアメリカ北部、南部の事情が分からなく、一つとして考えてしまいますね。 トライトンのようなPTはどうですかね? 北米ではだめなのかなぁ。
Commented by llll at 2016-03-30 18:17 x
パジェロに近いサイズのラダーフレームSUVは燃費規制・車内広さ優先の為か北米では数が減りつつあるんですよ。チェロキー・パスファインダーはクロスオーバーになり、FJクルーザーは消えて、レクサスGX(プラド)のモノコック化が噂され、残るはグラチェロ4runnerぐらい。
Commented by ganbaremmc at 2016-03-30 20:25
> llllさん
パジェスポは?