日産 8月に新型セレナ発売。高速道自動走行に

日産自動車は高速道路上をほぼ自動で走行する市販車を8月に発売する。
高速上であれば渋滞などが起きても、速度やハンドル操作をシステムが自動で制御する。IT(情報技術)業界も加わって自動運転技術の開発競争が進んでいるが、今後はこれまでに開発した自動運転の技術を製品化する動きが加速する。

0000


主力のミニバン「セレナ」に自動運転機能を搭載する。
価格は200万円台半ばから300万円強と、現行モデルと同水準になる見通し。家族旅行や帰省など長距離での利用が多いミニバンに新技術を搭載して普及につなげる。量販車でいち早く自動運転機能を実現することで、この分野での優位をアピールする狙いもある。  採用する新機能は、高速道路の単一車線を走行する場合に限り、車両の加減速やカーブなどでのハンドル操作をシステムが自動制御する。  衝突防止ブレーキや前方車両を追従するといった機能は他メーカーでも実用化されているが、一定の車速を下回ったり渋滞で止まったりするとシステムが解除されるなどの制限があった。日産の新機能は渋滞時は一定の車間距離をとって前進・停止を自動で行い、渋滞区間を抜けると設定速度まで自動で加速する。  自動走行時はほぼすべての車両制御をシステムが行うが、ドライバーは緊急時やシステムの不具合などに備えてハンドルに手を添えておく必要がある。ドライバーがハンドルやブレーキ操作を行うと通常運転に切り替わる。  日産は2018年に高速道路で車線変更や追い越しができる機能を追加し、20年には市街地での自動走行に対応する車両を発売する計画だ。  前方車両を追いかける追従走行や車線維持などの機能は独ダイムラーや米テスラ・モーターズなどの欧米メーカーも既に実用化している。日本メーカーでは富士重工業が17年に日産と同水準の自動運転技術を実用化する計画。トヨタ自動車とホンダは20年に高速道路で車線変更が可能な市販車の投入をめざす。  自動運転が実用段階に入ったことで、自動車保険や道路交通法など関連制度の見直しに向けた議論も進みそうだ。警察庁は7日、自動運転の公道実験のガイドライン案を公表。政府はトヨタや日産など自動車大手と連携して自動運転に必要な高精細の3次元地図の作成に着手した。
yahoo.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2016-04-15 10:58 | 日産 | Comments(1)

Commented by 名無し at 2016-04-16 11:35 x
セレナに載せるあたり、日産の自動運転に対する本気度が感じられるね。
そのうちATみたいに自動運転が当たり前になって、「マュアル運転」みたいになるんかな?
AD限定免許とか…事故は減るんだろうけど車好きからしたら寂しいね。