三菱自 北京モーターショーに新型「ASX」出品

三菱自動車工業は、4月25日~5月4日に開催される
「第14回 北京国際モーターショー」の出展概要を発表した。

0000

「新境界、新跨越」(ボーダーラインを乗り越えて、新しい世界に踏み出す)をテーマに展示を行なう三菱自動車ブースでは、新フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用する新しいフロントマスク、新デザインの17インチアルミホイールなどを装着して外観イメージを一新した新型「ASX(日本名:RVR)」をアジア初公開。この新型ASXは4月から現地での生産と販売を開始予定となっている。

このほか、東南(福建)汽車工業有限公司で生産しているスポーティセダン「ランサーEX」の特別仕様車を参考出品。広汽三菱汽車有限公司で生産している「パジェロスポーツ」、日本で生産し、中国政府が普及を促進している「新エネルギー車」に該当するプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」など計6モデル8台が展示される。 また、出展概要の発表に合わせ、今回の北京国際モーターショーに関するさまざまな情報を配信するスペシャルサイトも公開されている。
car.watch


[PR]

by ganbaremmc | 2016-04-18 17:18 | 三菱自動車 | Comments(0)