国沢氏 三菱自の燃費不正、中尾副社長が認識していた可能性も半々

三菱自動車の燃費不正の件、今までの報道は第一性能実験部長が行ったということになっている。確かに三菱自動車の場合、燃費性能は第一性能実験部の担当分野となる。けれどこのストーリーはどう考えてもおかしい。というのも当時開発中だった新型車(問題になっているeKワゴン/デイズ)の燃費が目標値をクリア出来ないという課題は、実験部だけで済む問題でないからだ。


0000


当然ながらエンジン開発部門が最も大きな「燃費担当」になる。特にeKワゴン/デイズの場合、29,2km/Lという発売当時日本で最高の燃費を実現するため、様々な技術を投入した。エンジン部門は「このままだと目標値をクリア出来ない」という実力だと理解していたことだろう。同じく新開発となる変速機の部門も目標値のクリアが難しいという認識を持っていたに違いない。

こうなると第一性能実験部長だけで対応出来る内容ではなくなってくる。もちろん最終的に実力と違うデータを国交省に提出したのは第一性能実験部だろうけれど、エンジン部門と変速機部門も知っていたと考える方が自然だ。さらに車体やタイヤ部門も燃費と密接な関係を持つ。この部門も知っていたことだろう。つまり最低でも5部門関わっているということになる。

5部門の部長が密談で決めたと考えることも可能。ただ自動車業界を長く見ている立場からすると、5部門が話し合って不正したとは考えにくい。今回の規模と内容からすれば当時の開発本部長が関与していたと考えるべきだ。記者会見で左側に座っていた中尾副社長が認識していた可能性も半々。ちなみに相川社長は当時営業部門にいたため、本当に知らなかったと思う。

この件、おそらく22日から指摘され、会社ぐるみの不正ということになっていくだろう。三菱自動車がやるべきことは可及的速やかに全ての内容を公表することだと考える。少しづつ暴かれ、お詫びを繰り返すという対応は厳しい。組織ぐるみの不正だと言うことはいずれバレる。自動車業界の自浄作用を期待し、最初に書かせて頂く。
kunisawamitsuhiro


[PR]

by ganbaremmc | 2016-04-21 20:56 | 三菱自動車 | Comments(22)

Commented by xz at 2016-04-21 21:34 x
ek、daysが出たとき、ライバル他社に比べて圧倒的に加速が悪いみたいな記事が散見されました。
燃費の目標値ありきであったなら、運動性能を限界まで落として達成せず、不正に手を染めたって感じかもしれないですね。
Commented by 七転八起 at 2016-04-21 21:54 x
いろいろ言っている人はいますけど、
一緒に開発をした日産がなんで出てこないんだろう。
NMKVで作ったクルマなんだから…

でもカタログ燃費は目安でしかないから、どこのメーカーも…
Commented by smart-intelligence at 2016-04-21 22:04 x
中尾龍吾副社長は、確か相川哲郎さんと
社長の座をかけて争っていましたね。
オールラウンドに物事をこなせるという点で、
益子会長兼塩が社長にしようとしていた
人物の一人であった気がします。

となると、中尾龍吾副社長も
益子会長兼塩派なのかもしれませんね。

これで益子会長兼塩の取り巻きの一人が
一人判明しましたね。
Commented by cvcc at 2016-04-21 22:08 x
目標に届かないから国交省の試験で不正を・・・
というのは、お蔵入りした次期RVRの流れと一緒ですね。
お蔵入りした次期RVRの時は相川さんが社長だったから自浄作用が働いて即座に開発中止して処分も行ったけど、益子社長の時のデイズ/ekの時はそのまま通してしまったのでしょうね。
日産の当時のNMKV担当者も知らなかったでは済まない問題ではありますね。
決して被害者ではありません。
OEM供給ではなく、合弁会社での共同開発でしたからね。
相川さんも日産側も仮に知らなかったとして、すぐに公表したのは次期RVRの時も含めて良かった事だと思います。
相川社長は可及的速やかに問題を明らかにするべきでしょう。
Commented by 告発その1 at 2016-04-21 22:09 x
この中尾副社長が「曲者」です。社内では評判が良くない。専ら「無能」とのこと。ただこの御仁に「揉み手」をしながらすり寄って来る多数の手下がいるもんだから、本人は殿様気取り。誰も毅然として進言しない。これが三菱自工の社風ですよ。リコール隠しの教訓など何もない。ここ数か月で多くの管理職の自己都合退職がありました。結局何も知らずに残されるのは一般社員たち。沈没しそうな大型客船。上級管理職たちが救命ボートを全部使って逃げようとしている。相川さん、あなたは船長としてどうしますか?益子はとっくに逃げちゃいましたよ。
Commented by 通りすがり at 2016-04-22 00:17 x
明らかに三菱側の不祥事で、日産の指摘で発覚したのに
日産お前も悪いだろ、お前もなんかやってんだろ
というコメントが多くてガッカリ
Commented by ワールド at 2016-04-22 00:35 x
三菱を擁護するつもりは毛頭ありませんが、日産も会見に出るべきですよね。日産もトヨタのライバルではなくなってから久しいですが、その辺を日産も理解していただきたい。また、益子会長は出ないのか?おいしいときだけ出たって、自分の価値を下げるだけです。

怒りを通り越して、あきれる。あきれまで通り越してしまった・・・
Commented by mtip at 2016-04-22 00:37 x
脱力感でいっぱいです。
そしてCEOはどこに行ってるんですかね。
Commented by 元三菱系労働者 at 2016-04-22 00:37 x
元々ダイハツやスズキに比べて燃費性能が劣っており
その劣っていた燃費性能も“必死に捏造した”物である事がMMCの限界を物語っている。
変にプライドだけは高くw
何かあると必ず出てくる言葉は“昔は零戦を造っていたんだゾ!”(笑)
今の日本に三菱自動車って必要あるのか?
三菱系の会社でも最近は三菱自動車のシェアは激減しているのが現状である。
仏の顔も三度まで、四度目なんぞは有り得ない!
Commented by at 2016-04-22 02:35 x
燃費も含めて性能の目標が達成できないなら、基本設計が古いエンジンを使ってほどほどの性能の車をつなぎとして開発しながら、新エンジンの開発に平行して取り組むべきだったと思いますよ。お金がなかったんでしょうが、新設計なら燃費の向上は当然可能だったでしょうし。論理的にそれ以外の方法なんてあり得なかったはず。
技術力云々の問題じゃなくて、それ以前の経営判断の問題ですよ。もし、出来るはずがない目標にこだわらざるを得ない状況を作り出したのだとしたら、当時の経営陣の判断も批判されるべきです。なぜ今の会長が出てこないのか、不思議で仕方がない。
Commented by dj. at 2016-04-22 04:58 x
会長は知っているか、思い当たる節はある(こんな燃費じゃダメだと厳しくダメ出ししたとか)から、出てこれないのかも。
Commented by llll at 2016-04-22 05:41 x
>通りすがりさん

CEO 遠藤 淳一 ←日産出身
COO 三浦 順取締役 ←三菱出身
取締役 坂本 秀行 ←日産出身
取締役 中尾 龍吾 ←三菱出身
CTO・CFO 堀内 義夫 ←日産出身
CPEO 西山 能弘 ←三菱出身
Commented by のぺのげ at 2016-04-22 06:40 x
このサイトは三菱自動車を応援する人が訪問するサイトじゃなくて
自動車好きがぞろぞろ情報をもらいに来るサイトだからね
三菱自動車はシェアが少ない=ファンが少ない
罵詈雑言が多いのもまぁ分かるわな
まぁここは乗り切ってほしいよ
真摯な反省・営業の努力とかで
営業はエスキモーに冷蔵庫を売る!
この時期にでも三菱車を売る! 根性で!

それにしても日産は「公表するぞ」と迫ったのか
相川たそが「公表します」と決然と判断したのか
Commented by T★赤松 at 2016-04-22 07:23 x
三菱自、ほかにも不適正測定の疑い 燃費不正、新たに1車種判明

 三菱自動車の燃費試験データ不正問題で、新たに1車種でも法令とは違う方法で燃費試験用データが測定されていたことが21日、分かった。ほかに4車種でも同じ方法だった可能性が高い。三菱自が現在、国内で生産・販売している全車種のうち半数以上が法令と違う方法で測定されていた可能性が出てきた。

本当ならもう日産関係なくね?って感じですね。
Commented by cvcc at 2016-04-22 07:56 x
※14

そのもう一車種が普通乗用車であったなら、この不正はNMKVとかではなく三菱の常套手段だったという事になりますからね。
僕自身は燃費の多少の差など気にならないですが、購入時の減税の差なんかは商売の上で大きな問題ですからね。
日産と三菱でお金出し合っての新開発の第一弾がデイズ/ekだったのに、新開発したエンジンではなくアイのエンジンの改良版だったのに違和感は感じてましたけどね。アイの時にアイは非常に凝った作りで当時のekとも違うエンジンに共通部品も少なく専用設計も部分ばかりでかなりお金をかけたのに売れなかったから、今回はケチッてしまったのでしょうかね。
せっかく二社でお金出し合うプロジェクトだったならスケールメリット活かして新開発の方が良かったでしょうね。
Commented by レガ坊主 at 2016-04-22 08:06 x
悪いのは事実、しっかりけじめを付けてきちんと出直せば良い。
そんな事より、カタログ公表値と実燃費の違いがユーザーには深刻な問題ですよ。
乗り方の問題だ、と言われればそれまでですけどね。
Commented by ダダ at 2016-04-22 08:26 x
問題は燃費じゃなく、ばれなきゃいいって企業風土の方。
これが良ければ、ことの大小にかかわらず、ほかのことでも同じ理屈でやっているものがあるんじゃないの?ってことになる。
Commented by at 2016-04-22 08:33 x
極端な話、内部のアンチ益子派が意地張って既存の3B20生かして結果出してやろうと息巻いたものの、思った以上の性能が実現出来ず日産からもプレッシャーかけられた挙げ句の…。とか。

だから益子体制が長く続くんだろな。
Commented by at 2016-04-22 08:42 x
開発初期の段階で三菱側が白旗あげてたら日産から新規エンジン開発の予算ぐらい工面出来たんじゃないのか?、日産から見たら三菱側の軽自動車作りのけいけんを買った訳だし。

しかし良く頑張ったと思うよ。試乗したけど初期型も思ったより走った。けど売れ筋のエンジンが3G83や改良型のエンジンとか。アイ市販しなきゃ正常進化は出来てたのな。開発コード変えてまで作る価値があったのか。この惨状の伏線はアイの強行的な開発なんだと思うよ。
Commented by ヒカル at 2016-04-22 08:53 x
本当にこれ、三菱だけなのだろうか。
Commented by 天下り先 at 2016-10-22 14:50 x
「中尾副社長は曲者」コメントに、同感。
これまで、優秀な人財が離散した一因でもあった?
社内での評判は最悪、「無能」、出身畑の技術に関して「無理解」、作り笑顔で「揉み手」をしながら「すり寄る技」は超一流、とのこと。相川氏の創造力に適わないので、直接の論争は逃げ、彼への誹謗中傷や責任押しつけなどの寝技で、益子氏に接近し、副社長にまで昇った、との噂。社内生え抜きからの人望は、相川氏と比較にならない。
さらに、62歳過ぎていても、見苦しいことに・・
益子氏は続投と知ったので、退任後の部品メーカへのポストを益子氏に準備させた。「天下り」は中尾氏が非難していた再就職方法であった。
三菱自工の不正は「継続中」なのか?
Commented by 告発その1 at 2016-10-22 22:10 x
以前の私のコメントを覚えて下さり感謝です。要するに今も昔も三菱自工社内の幹部たちの「権力争い」「ゴマすり」「いじめ」「裏切り」「寝返り」等々うんざりするほどあるってことです。「いい車を造っていこう」なんて二の次。幹部たち、先ず自分の出世ですよ。それから自分の退任後のことだけ。何の気概もない。一般社員のことなど思いもしない。それを考えると相川氏のことは残念だ。