三菱自 国交省独自試験開始。バンキシャでも取り上げ





三菱自動車が、燃費データを改ざんしていた問題で、
偽装があった軽乗用車4車種全てを生産する工場がある、岡山・倉敷市でも影響が広がっている。
現在、軽乗用車の生産は停止され、5月末まで、従業員1,300人の自宅待機が決まっている。
関係者によると、自宅待機の場合、賃金の60%が支払われる契約だが、現在、それに加えて手当てを支給するよう、労使間で交渉しているという。生産停止を受け、倉敷市は2日朝、緊急対策会議を開き、取引のある地元企業1社に対して、最大5,000万円を融資する制度や、相談窓口を設置することを決めた。
動画はこちら

6

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-02 18:17 | 三菱自動車 | Comments(6)

Commented by mtip at 2016-05-02 23:43 x
どうなるのかなあ。
Commented by 名鉄特急 at 2016-05-03 00:34 x
生放送見てましたが、最後に福澤アナからコメント求められた書道家の武田双雲氏が、昔、三菱のスポーツ車が好きだったので、頑張って復活して欲しいってコメントされてました。正直、嬉しかったな…
Commented by 名鉄特急 at 2016-05-03 00:36 x
↑ バンキシャ!の話です。
Commented at 2016-05-03 10:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ganbaremmc at 2016-05-03 19:58
> 名鉄特急さん
うん。僕も
なんか心強かった
Commented by H82Wに乗ってます at 2016-05-03 22:10 x
スタジオにeKスペースを置いて、「実燃費と大きく違ってました」と言わせた割には、e燃費サイトのデータを利用した比較はeKワゴン&デイズ、ワゴンR、ムーヴ、N-WGNだけ。
eKスペースまで比較しちゃうと、他社も変わらない(=乖離してる)のがバレちゃいますもんね。