国沢氏とマガジンX 三菱自と日産の提携は理解できない


気になるのはダイムラークライスラー傘下に入った時の状況と似ていること。親会社になったダイムラークライスラーながら、結局三菱自動車をコントロール出来ずトラック部門だけ自社に取り入れて手放した。日産の傘下に入っても、三菱自動車を従わせるのは難しいんじゃなかろうか。・・・・
続きはこちら

2016年5月12日 17時18分配信
「 考えれば考えるほど理解できない 」
アライアンスやシナジー効果をアピールするけれど、日産だって電気自動車の技術は持っている。いや、モーターの制御技術や電池のノウハウなど三菱自動車を凌ぐ。東南アジアのピックアップ市場も、ここにきて日産が盛り返してきており三菱自動車の助けが必要な状況と思えない。両社の販売台数と工場の生産キャパシティなど考えれば、一緒になったから大きく収益上がると考えにくい。もちろん悪くなることはないだろうが、日産にとって大きなメリットがあると思えない。・・・・
続きはこちら

7e8d5a0


7e8d5a1
マガジンXさんも納得いかない様子
twitter.com/CyberMagazineX/status/7305395205

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-12 18:20 | 三菱自動車 | Comments(2)

Commented by at 2016-05-12 23:03 x
相川でなく益子が表に出ているのが気になるな

相川が邪魔でもう一度表舞台に出たい益子がゴーンに持ちかけた計画なのでは?

益子の三菱に対する背任行為に見えてならない
Commented by K-ta at 2016-05-13 11:35 x
最初から結果ありきの出来レースだった気がする。
ゴーンの計画に益子がのったか、逆に持ちかけたかは分かんないけど、お互いにウィンウィンって……
一番損したのはユーザーと販売店だった事がこの人達には一生解んないんだろうなぁ。
まあ、いずれ報いは来ると思いますが。