スバル 新型PHV、モーター走行は50km以上

富士重工業は、2018年に発売する
プラグインハイブリッド車(PHV)のモーター走行距離を
50キロメートル以上に設定した。

7e8d5a0


トヨタ自動車のハイブリッドシステム「THS」をベースに水平対向エンジンに合わせて専用開発し、新型プラットフォーム採用車に搭載する。まずは18年から「ZEV(無排出ガス車)規制」の対象となる米国市場に投入。その後、欧州や中国などへの導入も検討していく。  富士重では現在、「インプレッサ」及び「XV」にハイブリッド車(HV)を設定している。HV専用水平対向エンジンやモーター内蔵CVTなどは専用設計している。ただ、ニッケル水素電池や制御などHVシステムの構成自体はTHSに準じている。  PHVもHV同様にTHSをベースに開発する。トヨタが今秋発売を予定する新型「プリウスPHV」では、PHVシステムの改良や電池容量を2倍に増やすことで、モーター走行距離を従来の26・4キロメートルから60キロメートル以上へと大幅に引き上げた。富士重ではこれらのノウハウを活用するとともに、電動化も前提に開発した新プラットフォームと組み合わせることでモーターのみで50キロメートル以上を実現する。  富士重は北米での販売が好調で、世界販売のうち北米が7割弱を占めている。ただ、18年にカリフォルニア州のZEV規制が強化され、同社もPHVや電気自動車(EV)などZEVの販売が不可欠となる。このため18年のPHVに続き、21年には独自開発のEVを市場投入する。
日刊自動車新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-21 21:38 | スバル | Comments(0)