【5/22更新】ホンダ 新型アコードHV生画像と内覧会


5/21(土)、22(日)にホンダの一部ディーラで内覧会が開催。
新型アコードHVの展示と、内覧会に行かれた方のブログを紹介します。
「 エンジン、モーターは性能UPしている事は皆さんご存じだと思います。
気になるバッテリーは、床下ではなくトランク内でしたが大きさが約半分になっていました。
担当さんの話では「ゴルフバックが1つ多く積めます。」との事。・・・・・ 」
続きはこちら

7e81d5a3-


販社に展示されていた生画像のブログ
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/891087/blog/37928573/
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/252241/blog/37922867/
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/1538480/blog/37924191/
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/2563182/blog/37913346/

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-22 18:55 | ホンダ | Comments(4)

Commented by cvcc at 2016-05-21 22:38 x
高級感と個性が出ましたね。
シフトも新型NSXと同じ方式のボタン式で斬新ですしね。
Commented by 名無し at 2016-05-21 23:40 x
現行モデルはグリルが透明でおもちゃみたいだからね。
Commented by cvcc at 2016-05-21 23:53 x
※2

同感です。
現行モデルの前向きはとにかくダサかった。あのアンバランスな水色のプラスチックに、ボディデザインに全くマッチしていない、取って付けたようなあの変な顔。
北米ガソリン版の顔の方が全然マッチしていて上品でした。

このMC版は高級感もあって凄く好きです。
私はセダンは購入候補ではありませんが、もしセダンが唯一の選択肢であれば、クラウンHVやスカイラインHVより、このMC版アコードを選んでいたと思います。
Commented by ワールド at 2016-05-24 23:21 x
フロントはかなりよくなったと思いますね。かつてホンダは低ボンネット化を推進している時期がありました。その香りをこの写真からも感じられます。

そういう歴史を感じさせるようなデザインソースは絶やすべきではないと思います。デザインって好き嫌いを言えば話はそこで終わりですが、そういうデザインを進化させることも大切。それをソースとしてクルマに採用してほしい。突然変異的にレクサスの砂時計グリルなんか出てくると単なるハッタリですよ。

もっとも、そのレクサスグリルもだいぶ進化はしてきましたね。