三菱自 5月軽販売は7割減。登録車は影響少ない

三菱自動車の5月1~25日の軽自動車販売台数は
前年同期比約7割減の約500台に落ち込んでいることが26日、分かった。

7e8d5a0
画像元はこちら twitter.com/alive_ok320


三菱自動車から軽自動車の供給を受けている
日産自動車の軽販売も約7割減の約1800台だった。  
燃費不正問題で主力車種の販売を停止していることが響いた。販売再開のめどは立っておらず、軽自動車市場では苦戦が当面続きそうだ。  軽自動車を除いた登録車は三菱自動車が約1割増の千台と堅調だった。実際の燃費性能とカタログに掲載した値に隔たりがあった軽自動車と比べ、登録車は「燃費を著しく損なう状況ではない」(相川社長)とされ、影響が小さかったとみられる。
共同通信

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-26 19:13 | 三菱自動車 | Comments(1)

Commented by mtip at 2016-05-27 18:25 x
登録車が増えたのって、むしろ久しぶりじゃないですか?
そんなことないんでしたっけ?