日産「ねえ。三菱自株譲ってよ」三菱重工「え。やだ」→第三者割当増資へ

今後もまだ新たな問題が発覚する可能性があるわけだが、
そのような状況にも拘わらず、ゴーン社長が出資を決断したのはなぜだったのか。
問題の軽自動車の燃費データに不審点があることに日産が気付き、三菱自動車に通知したのは昨年11月のことである。
「 実はその段階から、早くも日産側は三菱自動車や三菱グループの経営状況などを調べ始めていたのです 」
そう明かすのは、自動車専門誌記者。

「 具体的には2つのチームに分かれて調査が行われた。西川(さいかわ)廣人・副会長兼CCOのグループが銀行を通じて財務状況などを調べ、川口均・専務執行役員のグループが官公庁や政治家の反応を調べていた。川口氏は霞が関や永田町との渉外担当で、不正が発覚した場合、三菱がどのようなペナルティを受けるのか、日産との提携を政府がどう受け止めるか、といった点を探っていたようです 」
日産のナンバー2でゴーン社長の右腕と称される西川CCOは、三菱自動車との提携発表会見の席にも同席していた。やはりゴーン氏が絶大な信頼を寄せる川口専務執行役員は、提携発表会見が行われた日の午前中、首相官邸を訪れて菅義偉官房長官と面会。三菱を傘下に収めることを事前に報告した、と新聞に報じられた人物である。共にゴーン社長の懐刀を任ずる2人は、提携が明らかにされる半年以上も前から密かに水面下で動いていたのだ。

特に西川CCOのグループの調査範囲は広く、
「 不正を発表した場合、三菱自動車の株価はどの程度下落するのか。三菱を傘下に収めた場合、どのようなメリットがあるのか。綿密にシミュレーションしながら戦略を練っていた 」  と、先の専門誌記者。
「 まず、三菱グループとの付き合いが出来て、三菱商事の販売網が使えるのは大きい。ルノーと日産の統合でも約40億ユーロ(約5000億円)もの効果があったと言われている。そこまでではないにせよ、日産と三菱自動車も事業統合を進めることで相当な効果があると考えた。例えば、両社のタイでの事業を統合するだけでも5億ドル(約500億円)の効果が出るという試算もしていました 」
そうしたことを調べ上げた上で日産が動いたのは、今年3月中旬頃。三菱自動車が不正を発表する1カ月ほど前のことである。

「 日産の幹部が三菱重工の幹部と会談を持ち、こう聞いたのです。
“ 三菱グループの御三家が保有している三菱自動車の株を日産に譲渡するつもりはないか ” 
ところが重工側はそれに難色を示したのです 」


「 日産としては三菱自動車を三菱グループから切り離して完全に自社のコントロール下に置きたかったのですが、重工側は “待ってくれ” と。 で、第三者割当増資という案が出てきたのです。 あとは三菱が不正を発表し、日産としては、十分にうまみのあるレベルまで三菱の株価が下落したタイミングを見計らって提携発表、という流れです 」

7e8d5a0
画像元 clicccar.com


こうした日産との水面下の交渉において、
三菱自動車側の窓口となったのは益子会長である。
「 相川社長は交渉にはノータッチ。 日産との提携発表会見の席に相川社長がおらず、益子会長が1人で取り仕切ったのも、資本業務提携に関しては自分が責任者だということをアピールしたかったのでしょう。 益子会長と相川社長の明暗はくっきり分かれましたね 」
「 また、益子会長は不正発表の前にすでに今後の展開を睨んだかのような動きをしていた。 4月1日付で、三菱商事から自分の元部下を三菱自動車に引っ張ってきて常務に据える人事を行っていたのです 」

一方、三菱自動車内には次のような声もある。
「 一番問題なのは、会社全体に上にモノが言えない雰囲気があるということ。 益子会長が怖くて経営陣の誰もモノが言えない雰囲気が、会社全体に伝播しているのです 」 ( 幹部社員 )
提携発表会見の翌日、東京・丸の内の三菱商事本社ビルでは三菱グループ約30社の首脳による例会「金曜会」が行われた。会の冒頭、お歴々を前にして謝罪する役目を務めたのは相川社長だったが、 「 彼はすぐに退席し、その後は普段通りの金曜会だった。この日出された食事はオムライス。それを食べた後、専門家による、世界経済についての講義を皆で聞いた 」 (三菱関係者)
この状況下でも平然とオムライスを口に運び、世界経済についての講義を拝聴する、浮世離れした三菱グループの首脳たち。徹底した合理主義者であるゴーン社長と衝突する日はそう遠くないかもしれない。
週刊新潮

[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-31 18:25 | 三菱自動車 | Comments(5)

Commented by さまやん at 2016-05-31 19:37 x
フォード、今が横取りのチャンスだ!
Commented by フォルティス at 2016-06-01 01:36 x
さまやん殿(^.^)またまた冗談を!フォードはマツダ株うっぱらって販売も撤退だし 基本欧米企業は日本市場には嫌気がさしてる思うよ(≡・x・≡)自動車だとフォードは最たるもので GMしかり他業種でもやたら儲からんエクソンモービル シェル然り 西友のウォルマートも頭痛いちゃうかな セブンイレブンなんかのFC 制度やタクシーみたいな搾取は欧米からみたらただの奴隷制度みたいなもんらしいし コンビニの店員日本と異国の方比べたら……難しいよ日本で生き残るのは "おもてなし"とか言って給料あげずにサービスUP?客にサービスの押し付けして いやー料理職人とかも日本の凄さ物語ってるし世界中の料理が本箱並かそれ以上で旨いものがラーメンなんか特にそうだし まったく恐ろしい国だよ(^-^;日の本は 
Commented by さまやん at 2016-06-01 20:06 x
フォルティス様へ
んー、今回の買収劇が如何にもシナリオ通りというのが気に入らないのだが。ここで別のプレイヤーが乱入して欲しいと思っている。
Commented by フォルティス at 2016-06-01 21:06 x
さまやん殿 なるほど願望か 確かにシナリオ通りやろな今となっては(^-^;俺は最初まったくの想定外だったけど 日産は軽部門切り取って三菱に賠償科してサヨナラ思ったが……さすがカネゴンというか   まさにシナリオ通りや思うわ だけどこの先まだあるような気がするな…… ダイムラーはトラック部門切り取って消えていったし 日産は?軽を切り取って 四駆とPHEV 少しかじって商事に食い込めば……   しかしカネゴンはどうやらとりあえず会長社長就任はないみたいだけどカネゴンが三菱金曜会出たら……凄い絵だよな(゜ロ゜)  とりあえず良くも悪くも日産のおかげで直近の危機は…… この先はどうなる事やら 別のプレイヤーは5年10年後また変わってるちゃうかな タタか中国か韓国か はたまた欧米企業が日本市場狙いにくるか 以外とベンチャーとか  わしとしてはとりあえず日産のもと三菱色を少しでも残してもらえるように頑張って欲しい。
Commented by smart-intelligence at 2016-06-02 18:31 x
相川哲郎さん、今が社長返り咲きのチャンスです!