国沢氏 日産から三菱自への技術的なアドバイスは不要な気がする

熱しやすく醒めやすいのは普通のこと。
三菱自動車の問題も日産が出てきた途端、話題に上がらなくなった。
されどクルマ好きとしちゃ気になる。どうなっているのか?
日産の副社長だった山下さんが中尾副社長の後任になるという人事を発表している。
三菱自動車に技術的な問題があるかと言えば無い。これは山下さんも解っている様子。

無いのは予算です。 ・・・・
続きはこちら

7e8d5a0



[PR]

by ganbaremmc | 2016-05-31 19:22 | 三菱自動車 | Comments(1)

Commented by フォルティス at 2016-06-01 00:07 x
なかなか国沢氏いいね!(^.^)まぁ反論はあるだろうけど……  三菱の方が上もいっぱいある 軽自動車技術ノウハウ、総合的四駆AWD 技術、PHEV 小型EV 技術 さらに三菱グループ全体の力 販路商事にターボやディーゼルの重工 電器 銀行 これらはカネゴンも公でも認める所でありだからこそ今回の出資につながったと思う。 さらに個人的に思うは日産に比べれば安い人件費 あまり語られないがデザイン力かな?  対する日産の強みは?(-_-;)えー簡易なe 4wD ecoチャージャ~に水素技術 あとはなんといっても自動運転  日産はバックにカネゴンつかルノー 日立 あおい会?か    全く日産に対し技術力 企業グループとしてはまったく遜色はないというよりむしろ勝ところ多い。三菱が何故このような窮地になったか?はまさに企業体質 国と歩む官僚体質、甘え、奢り 日産も元は似たようなものや思うが…… 結局お上国や法人相手から個々消費者相手のサービス業への脱皮変革への失敗というかしなかった。それが隠ぺいリコール隠し ブランド失墜 販売不振から開発費の不足へと負のスパイラル化をしまたも同じ失敗を繰り返した。販売最前線はかなりよくなっていたが……開発および経営中枢までは及ばなかった…… 日産にはぜひ!コンプライアンスの強化と三菱の強き技術を生かし素晴らしい車を世に送り出して欲しい。こうなった以上、まぁ普通に飾らず書けば日産さん金出して自動運転技術おくれ最低自動ブレーキを三菱全車に(-_-;)という感じかな?