ホンダ 新型フリードはシェンタと遜色ないレベルが期待できる

7e8d5a0

twitter.com/skyline_0315/status/732539770174214144

ホンダは、9月にも小型ミニバン「フリード」を約8年ぶりに全面改良する。
小型ながら上質感を前面に押し出し、同セグメントのライバルであるトヨタ「シエンタ」と差別化を図る。ハイブリッドシステム「i―DCD」の改良型を搭載。大人が6人乗ってもパワフルな走行性能と環境性能を両立する。「燃費も『シエンタ』と遜色のない実力が期待できる」(ホンダ幹部)としており、25~30キロメートル/リットルの水準が見込まれる。
7月をめどに現行型の受注を終了し、新型投入の準備に入る。
日刊自動車新聞

ターボのことは記載されていませんでした。
発売が遅れた理由は、エンジンの熟成に時間をかけたため。
走り、質感、環境性能を大幅に向上することが出来、
自信をもってお勧めできるレベルまで仕上がったと、
ホンダ幹部は語っています。


[PR]

by ganbaremmc | 2016-06-14 17:51 | ホンダ | Comments(0)