三菱自の軽、国が再測定。排ガスは基準内、燃費差最大15%超

三菱自動車の燃費不正問題で、
同社がデータを改ざんしていた軽自動車4車種について国が再測定したところ、
実際の燃費はカタログより最大で15%以上悪かったことが分かった。
旧型車より新型車の方が燃費が悪い車種もあった。
近く国土交通省が公表する。  

7e8d5a0


関係者によると、「eKワゴン」の最新型では、
実燃費がカタログよりも1リットルあたり4キロ以上悪かった。
生産を終えた旧型車より、最新の新型車の方が燃費が悪くなっていた。カタログでは、最新型は燃費性能が向上したとされていた。  燃費や排ガス量は国が測るが、元データとなる空気抵抗などの「走行抵抗値」はメーカーが測って国に申告する。三菱自はこの抵抗値を低い数値に改ざんし、燃費を実際より良く見せていた。問題発覚後に自社で測り直し、燃費はカタログより5~15%悪化すると発表していた。  
排ガス量も実際より少なく算出されていたが、
再測定の結果、法定の基準内に収まった。
国交省は車の大量生産・販売に必要な国の認証「型式指定」の取り消しも検討したが、排ガス量や安全面で法定基準を満たしたため、見送る方針という。  三菱自は、軽4車種の水島製作所(岡山県倉敷市)での生産を止めているが、国交省に燃費値の変更を申請し、認められれば7月にも再開したい考えだ。
朝日デジタル

燃費の計測って天候や路面状況、運転手の技量で大きく左右されるわけで、まるまる国交省のデータを採用するのはどうなのかなぁ? 排ガスは合格点だったのは安心。でも15パーセントも悪化した車種ってなんだろ?
旧型より悪いって・・・
まさか二代目のekと比較しての話?

[PR]

by ganbaremmc | 2016-06-21 05:59 | 三菱自動車 | Comments(7)

Commented by kasuga at 2016-06-21 06:11 x
型式認定が維持され取りあえずは一安心です。早い生産再開を望みます。因みにリアガラスの燃費基準ステッカーの変更はあるのかしら?
Commented by 条件は、はて? at 2016-06-21 08:02 x
旧型車両の測定ですけど、エンジン、駆動系は傷んでいる筈で、燃費はおのずと低くなると思うんですけど、
どうなんでしょう?
Commented by subarist at 2016-06-21 16:53 x
HONDAのN-WGNでいい。
Commented by とおりすがり at 2016-06-21 17:46 x
ちなみに燃費が15%以上悪かったのは「三菱車」じゃなくて「日産車」
Commented by H82Wに乗ってます at 2016-06-21 17:47 x
旧型といってもMC前のことです。
三菱自動車HPで公開されてます。

例えばM【e-Assist】2WDが2014年12月~のモデルが26.2km/l、2015年10月~のモデルが25.8km/lという具合です。
Commented by meiwa2015 at 2016-06-21 23:05
>>実燃費がカタログよりも1リットルあたり4キロ以上悪かった。

物凄く優秀じゃん。
他社では、国交省発表のカタログ燃費なんて、
実燃費と30~50%も乖離してるが普通で、
全く無意味なのに。
Commented by at 2016-06-22 02:04 x
政府機関が計測した結果ということは、計測条件なども含めてすべて詳細に公開できるはずだと思いますが、どうやったら調べられるんですかね?