三菱自 不正の軽燃費再計測。初期型が最良という結果に


マガジンXさんが、三菱自の会見に出席。
国交省が行った、不正した軽の燃費、再測定結果がでました。
https://twitter.com/CyberMagazineX

7e8d5a0


7e81d5a7-

7e81d5a2-


7e81d5a3-


7e81d5a4-


ekワゴン/デイズの結果では、
売れ筋の低燃費仕様に大きな誤差。
しかも初期モデルが27.1km/Lに対し、15型は26.5km/L、現行は26.1km/Lで、
改良を重ねるごとに悪化していたという予想外な結果に。
この結果に購入者がどう反応するか・・・・
擁護するつもりはありませんが、計測は天候、技術、路面状況など、左右されるそうなので、今回の計測は時間のない中で行ったと思われます。 初期モデルなんて、出だしは悪く、べた踏み発進で、一番苦情が多かったのに、最良? 後期型はエネチャージみたいなのを搭載しているのに? とても鵜呑みにできませんね。 むしろ現行の方が、出だしは良くなっているので、実燃費はこちらの方がいいはずです。
といっても、これが現実。 メーカーは言い訳できません。
ちなみに僕のekスペースカスタムターボは
14型で、20.8km/Lでございました。

【 関連記事 】
レスポンス

[PR]

by ganbaremmc | 2016-06-21 17:56 | 三菱自動車 | Comments(3)

Commented by ななし at 2016-06-21 22:05 x
試乗レポとかでもターボの方が乗りやすいし実燃費もいいとかかれてたけど、当たってたんですね。
Commented by ワールド at 2016-06-21 22:14 x
初期型はほんと、もっさりだったし現行型はちょっぴり早いからその分、燃費と引き替えに走りが良くなったのでしょうか。

・・・しかし、三菱自動車というかNMKVはいったい何をやっていたんだ??
Commented by maya at 2016-06-22 02:52 x
初期型は上の人の通りだった。
現行の一個手前のは、「普通1個-」の走り。
時速90キロまではそこそこの燃費。
それ以上だと燃費リッター14から15㌔。
ちなみに仏産のJ-2WDで100㌔巡航の時、緑の
葉っぱは1個、もしくは茶色の葉っぱしか点かないよ。