三菱自株主総会 相川社長への批判と残念の声

三菱自動車の株主総会が24日午前、千葉市内で開かれた。
経営陣は4月に公表した燃費不正問題について株主に謝罪し、日産自動車の出資を受け入れ、日産傘下で再生を目指す方針を表明した。  
冒頭、議長を務める益子会長はあいさつに立った。
「 この度の燃費試験における不正行為について、改めておわびを申し上げる。株主やお客さまをはじめ、数多くの方々に多大な迷惑と心配をかけていること、そして株主におかれましては、当社の度重なる不祥事にもかかわらず、ご期待を頂いたのに、その期待を裏切る結果になったことを心より深くおわびする 」 と陳謝した。  

次に益子会長は、日産自動車との提携戦略の目的について説明した。
「 当社では平成27年末に中長期の商品計画をまとめたが、各国の環境や安全規制やお客さまの要求水準の高度化に応えていくには開発資源が不足していたことが分かった。その中で今後の戦略では提携が不可欠と考え、社内でいつかの選択肢を検討してきた 」   
「 日産とはこれまでも軽自動車の共同開発を行い、当社の水島製作所で日産から軽を受託生産するなどで相互理解が進んでいた。そして、4月に燃費不正が明らかになり、当社から支援をお願いしたところ、今回の資本提携に至り、5月12日に発表した。当社と日産は多岐にわたる領域でアライアンス(戦略的提携)を推進して収益力の強化をはかる。アライアンスの実現領域は、エンジンやプラットホーム(車台)、電気自動車(EV)の開発のほか、共同購買、相互の生産工場の有効活用、販売金融、アフターサービスなど多岐に及ぶ。その中でも、アライアンスから生まれるシナジーは調達と研究開発分野で期待される 」
「 念のために申しあげると、燃費不正問題発生時には4600億円を超える現預金があり、ただちに当社の財務が悪化する状況にはなかった。それなのに何故、このタイミングで日産と提携なのかといえば、われわれは財務上ではなく、燃費不正問題に伴うブランドイメージの低下や株価下落などのリスクがあった。そうした中、日産が当社に長期的な価値を見いだしていただいた。提携することが信用補完になると考えた。日産と仏ルノーは15年以上に及ぶ成功例で、当社も日産との提携を通じてシナジー効果を発揮していきたい 」

「 一方で、開発部門中心に当社企業風土にはさらなる改革が必要と考えている。日産から開発部門の責任者を派遣して頂き、日産の価値観を通じて開発部門の改革を進める。業務プロセスを見直して社内改革を推進する。当社と日産のアライアンスでも、互いのブランドの独自性を尊重することになっており、当社ブランドは、当社ブランドで提供される。当社グループとして、お客さま、社会からの信頼を一日でも早く取り戻していけるよう不断の努力を進める。当社は新たな経営体制、経営戦略で運営を進める一方、法令順守、業務執行の効率化に務める。そしてこれらの取り組みを通じて成長、企業価値の増大を目指していく 」
iza.ne.jp/kiji/economy/news/160624

7e8d5a1


株主の質問から質疑応答が始まる

株主 「 過去にリコール隠しで批判を受けたのに膿を出し切れず今日まできた。縁故入社や情実人事が社内の閉塞感を生んでいるのではないか。相川哲郎社長は(筆頭株主の)三菱重工業の元トップが父親だ 」


益子会長 「  なぜ再発防止が十分にできなかったという問題は非常に重要な問題ですし、最大の関心事項だと思うので補足説明する。再発防止策をは報告したが、いかにやりきるかが課題だと認識している。違法性の認識が希薄で、技術的な裏付けがあれば許されるということが垣間見られるので教育することが必要だと思う 」

「 縁故入社、情実人事があるのではないか、三菱グループの甘えがあると指摘があった。入社試験は厳正に行っているので縁故や情実はないが、襟を正していきたい。相川哲郎社長は実力から社長に任命した。開発だけでなく、営業などを経験して十分な経験を積み、実力があると判断してこれは情実ではないと申し上げたい 」


株主 「 説明では財務基盤は問題ないということだが、巨額の補償金の支払いが心配だ。また、燃費試験の信頼を勝ち取るために、外部機関に検査してもらってはいかがか 」


益子会長 「 検査を外部に委託してはということも含め、日産から山下(光彦)さんを(副社長に)迎える。山下さんの考えを聞き、日産がどうやっているのかを参考にしながら考えていきたい。資金繰りは心配していない。補償はある時期に一気にお金が出ていくわけではない。生産や販売再開のスケジュールをみながら支払っていくので安心してほしい 」

株主 「日産自動車と資本業務提携しても三菱自のカラーを残せるか。もう一つは販売店のつらさに胸が張り裂けそうだ。第一線で働く人の痛みを感じてほしい。また本当に車を理解している相川社長と中尾龍吾副社長が辞めるのは残念だ」

益子会長 「 相川、中尾に温かい言葉を頂きありがとうございます。最初の点について説明する。基本は経営の自主性を尊重することがベースだ。三菱自のブランドは維持し、販売では日産と競合する。提携は購買や車台の共通化など見えない部分で進める。電動車両や東南アジアなど強い部分を伸ばして三菱自らしい車をつくっていく 」

服部俊彦取締役 「 販売店のつらさ、三菱自のメーカーとしての役割を感じてほしいというのは励ましとも受け止めています。わたしもこの問題の発生から土日も毎日販売店にも出向いた。販売店の方がは確かに辛いとおっしゃるが、われわれをしっかり守ってほしいという発言もしてもらった。過去に問題があったけどいっしょにやっていこうと激励を頂いた。本音は本当に生活が大丈夫なのかというのがあると思う。まずやるべきは再発防止にもあったが、実際の現場、お客さま販売店のみんながどれほど苦労したのかを社内に伝達する必要があるので、それをお約束し、安心して働けるような道筋を付けるためにも軽の販売を再開したい 」
iza.ne.jp/kiji/economy/news/160624


[PR]

by ganbaremmc | 2016-06-24 19:41 | 三菱自動車 | Comments(1)

Commented by noname at 2016-06-24 20:18 x
相川社長が縁故登用って…
益子が重工の人間ならそう言われても仕方なかっただろうけど
益子は商事の人間なんだから重工絡みの縁故ってのは見当違いの批判だと思うんだが