2035年、PHVは665万台に達する

調査会社の富士経済(東京)が環境対応車の世界の販売台数見通しについて、2035年には家庭の電源でも充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)が15年比で約30倍の665万台に達し、電気自動車(EV)とハイブリッド車(HV)を上回るとの調査結果を25日までにまとめた。  世界的な環境規制の強化を背景に、国内外の自動車メーカーはPHVやEVの開発に注力しており、今後、欧州や北米を中心に販売が拡大するとみられる。35年時点でEVは15年に比べ、約17倍の567万台と大幅な伸びを予想。一方、HVは約3倍の468万台にとどまると見込んだ。
sanyonews.jp

7e81d5a3-

[PR]

by ganbaremmc | 2016-07-25 20:12 | ニュース・その他 | Comments(0)