【続報】トヨタ 新型プリウスPHVの発売延期の理由

トヨタ自動車は3日、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」の
新型車の発売時期を今冬に延期すると発表した。

7e81d5a3-

当初は今秋を予定していたが、生産が遅れ、販売に必要な台数が確保できない見通しとなったため。  トヨタは「より良い車を着実に届けるため、当初計画よりも立ち上がりの生産台数を抑えることになった」と説明している。  新型のプリウスPHVは、電池容量を大幅に拡大。ガソリンを使わずに現行型の2倍を超える60キロ以上の距離の走行が可能となったのが特長。現行のプリウスPHVはこれまでに世界で約7万5千台を販売している。
sanyonews.jp

当初は今秋を予定していたが、今冬に遅らせると3日に発表した。新型車はトヨタ車としては初めて、軽く丈夫な樹脂でできた後部ドアを採用する計画。この生産が遅れており、当初の発売時期までに必要な台数がそろわないと判断したもようだ。

部品メーカーに同日、今秋の新型プリウスPHVの生産計画を下方修正すると伝えた。10月は約4000台から1500台程度に減らしたもようだ。関係者によると、トヨタは樹脂部品を多用したスポーツ車の生産実績がある元町工場(愛知県豊田市)で後部ドアを生産するが、安定的に量産するのに時間がかかっているという。トヨタは家庭用電源で充電可能なPHVをハイブリッド車(HV)に続く環境対応車の柱と位置付け、2012年にプリウスPHVを発売した。全面改良によりガソリンを使わないで走行できる距離を伸ばし、約7万5000台にとどまっている販売に弾みを付ける計画だった。
日本経済新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2016-08-03 21:09 | トヨタ | Comments(3)

Commented by さまやん at 2016-08-03 18:05 x
それでも開発そのものをやめてしまった三菱よりはまだマシだから…。
Commented by んん at 2016-08-03 22:07 x
三菱は賢明だよ

売れないことが分かっているから開発中止したんだよ
Commented by ななし at 2016-08-04 00:20 x
リアはカーボンだっけ
たっけーの使ってるな