三菱自 新小型SUVについては内燃機関モデルは開発を継続

三菱自動車が2020年までの発売を計画しているラインアップ。身の丈にあっ
た車種展開を進めるため、1車種の開発中止を決めた。
2020年までに市場投入する“SUV三兄弟”の次男坊である
新小型SUVのプラグインハイブリッドモデルの開発を取りやめる。  

7e81d5a3-

長男である「アウトランダー」や、末っ子の次期「RVR」はプラグインハイブリッドモデルを含めて開発を続ける。「地球に優しいクルマ作りをしていくことを考えると、次男坊の開発は中止しても残りの2モデルは残さざるを得なかった」(三菱自動車 副社長の山下光彦氏)。次男坊の新小型SUVについては内燃機関モデルは開発を続ける。
また、この新型コンパクトSUVのプラグインハイブリッドモデルは開発工数の負担が大きかったという。「これをやめないと他の車種に影響が出るという現場の要望を聞いた。また、営業部門に確認すると、事業性と開発の苦労が見合わないことも分かった。工数の負担軽減のために開発を止めて良いと判断した」(益子氏)。 三菱自動車は既に体制変更など再発防止策を発表し実行に移しているが、特別調査委員会は、会社が一体となってクルマを作って売るという意識が欠如していたという点がまだ社内に根付いていると見ている。 同委員会は「不祥事を防げない会社なのは、三菱自動車に一体感がないから。経営陣や役員は開発現場への関心が薄く、働く人たちの思いが一致しているようには見えない。その状態で再発防止策を考え実行しても上手くいくはずがない。同じことの繰り返しになる」と指摘する。
monoist.atmarkit.co.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2016-08-04 09:16 | 三菱自動車 | Comments(9)

Commented by p-mini乗り辞めます at 2016-08-04 11:10 x
わかりやすい図ですね。
ここで言う小型は全て3ナンバーでしょうし、お手頃価格な「ホントの」小型車は今後しばらくは無さそうですね。。。軽は日産だし。。。
あっ私事ですがパジェロミニファイナルエディション売ることにしました!サヨナラMMC!
Commented by ともたん at 2016-08-04 12:16 x
次は何に乗るんですか?
Commented by at 2016-08-04 12:58 x
現場の声を汲み取った体にしているけど
開発リソースを充分に充てていない経営側の落ち度がこの結果を産んだんだよね
その認識が出来ないなら益子は引き続き現場を見ていないと言える
現場のせいにされて可哀想
Commented by 匿名 at 2016-08-04 13:09 x
四駆よりやすくて手頃な日本製のコンパクトカー作ればいいのに。
小型セダンとかもそのコンパクトカーから作れば手頃な車が2台。
Commented by smart-intelligence at 2016-08-04 14:11 x
問題は、クーペSUVの内燃機関が
どんなラインナップになるかですね。

既存のエンジンならば4J11と4N13で、
新しいエンジンならば3A92ストイキ直噴ターボと
4A91ベースのディーゼルターボのラインナップになりそうですね。
Commented by devo at 2016-08-04 16:18 x
SUVでスポーツモデルを継承する云々はどうなるんですかね
Commented by さまやん at 2016-08-04 17:45 x
匿名さんへ
たぶんそれらは日産の担当だと思われます。
Commented by たけし at 2016-08-04 20:47 x
「経営陣や役員は開発現場への関心が薄く、働く人たちの思いが一致しているようには見えない。
その状態で再発防止策を考え実行しても上手くいくはずがない。同じことの繰り返しになる」
これ当たってるわ。自分の言いたい事言ってくれた。
Commented by p-mini乗り辞めます at 2016-08-05 10:49 x
>ともたんさん
次は。。。カワイ子ちゃんに乗りたいなぁ(*´▽`*) あっ多分クルマは暫く乗りません、