三菱自 新型MPVは来年10月に生産開始


7e81d4a10-


三菱自動車は2017年10月からインドネシアで建設を進める新工場で開発中の小型多目的車(MPV)の生産をはじめる。同国ではこれまで小型商用車中心の展開だったが、新型車の投入などで乗用車事業を強化する。 小型MPVは11―21日まで同国で開かれる展示会「インドネシア国際オートショー」で世界初公開する小型MPVのコンセプトカー(イメージ)をベースに開発する。小型MPVは3列シート7人乗りで、くつろげる居住空間を確保した。 三菱自は同国西ジャワ州で17年4月の生産開始に向け新工場の立ち上げ準備を進める。新工場ではスポーツ多目的車(SUV)「パジェロスポーツ」に次いで小型MPV、小型商用車「コルトL300」などの生産を計画。年産能力は16万台を見込む。新工場の投資額は約600億円。小型MPVは現地生産だけでなく、部品の現地化も進めて競争力を引き上げる。
日刊工業新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-08-09 06:32 | 三菱自動車 | Comments(5)

Commented by at 2016-08-09 08:16 x
海外向けは積極的だね
国内向けはやる気なし
Commented by 遅れて来た名無し at 2016-08-09 13:35 x
仕方ないと思います。
売れない市場ですからね…。
私もRVR後継のPHVを購入予定でしたが、延期に次ぐ延期で待ちきれず他社へ行ってしまいました…。
Commented by GIN at 2016-08-09 17:22 x
いつまで、ハリボテに金を賭けるのか?その金を開発費なり、販促費に回せばよいのに。
Commented by 名無し at 2016-08-09 17:55 x
どうせパジェロスポーツやトライトンみたいに
日本では販売しなさそうだしどうでもいい。
Commented by ねこさま at 2016-08-11 21:14 x
トライトンは売ってましたけど。。