ホンダ 新型NSX、北米では納車2年待ち

新型NSXの日本での発表は25日。
当日11時にライブ配信されます。



北米では納車2年待ち
ホンダ(米国ではアキュラ)が5月下旬から、米国市場での納車を開始した新型『NSX』。北米では早くも、長期間の納車待ちが発生していることが分かった。 これは8月上旬、ホンダオーストラリアのステファン・コリンズ ディレクターが明らかにしたもの。
同氏は、「新型NSXは北米で、すでに2年の納車待ち状態」と公表している。
新型NSXの生産は、米国オハイオ州メアリズビルに設立された専用工場、「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」のみで行われている。多くの工程を手作業で行うため、生産台数が限られる。 例えば、技術者が14時間かけて、パワートレイン、サスペンション、電装部品、内装部品、ボディパネルを組み付け。主要なボルトの取り付けはエキスパートによる手締めから始まり、その後ワイヤレス通信が可能なデジタルトルクレンチで締め付ける。 そのため北米では、新型NSXを注文した顧客に対して、最大で2年という納車待ちが発生。ステファン・コリンズ ディレクターは、「世界市場への供給台数に限りがあるため、新型NSXも初代同様、オーストラリアでは希少な車になるだろう」とコメントしている。
レスポンス

7e81d4a10-

[PR]

by ganbaremmc | 2016-08-20 23:24 | ホンダ | Comments(1)

Commented by cvcc at 2016-08-21 07:44 x
よく売れているようで良かったです。
国沢氏は日本のメーカーはスポーツカーなど出すなとか言ってましたね。
私は買えませんが、こういうモデルはブランド維持には不可欠だと思いますけどね。
国沢氏は、どうせトヨタしか売れないのだからセダンも日本では他のメーカーは出すべきではないとも言ってましたね。
そんなの間に受けていたら日産はセレナとノートエクストレイルとデイズだけ出してればいあとなりますし、ホンダはオデッセイとステップとフリードとN-BOXとヴェゼルしか出さなくてよいとなってしまいますからね。そういう、どうせ売れないのは止める、という後ろ向きな姿勢で来ちゃったのが今の三菱ですからね。SUVブームが去ったらいよいよマズイですし、その後に今更セダンを出したところで顧客は全てトヨタに流れてしまってますからね。私はそういう事ではないと思います。