三菱自 軽燃費不正で損害賠償請求して得するのか?

八月はじめに三菱自動車燃費偽装事件被害弁護団 なるものが結成され、
三菱自にさらなる補償を求め、法廷で争うことになりました。

7e81d4a10-



①消費者契約法に基づく自動車購入契約の取消による自動車購入代金の返還請求(ただし購入車両の返還が必要)
②車両価値下落分の不法行為に基づく損害賠償請求
③想定される燃料代より燃料代が増額した場合の燃料代増額分の不法行為に基づく損害賠償請求

そのサイト によると、以上三点を請求するようです。
司法書士の及川修平さんの見解では、
「 新車登録してから新しい車が交通事故で損害を受けたケースで評価損をて認めているケースがある。今回の燃費偽装問題に該当する車を購入したばかりの人は、買った直後に大きく資産価値を失うことになる。10万円で納得できるか、という気持ちだろう。三菱自は買取を希望する顧客に対しては個別に対応すると報じられている。対応次第では、評価損を損害として賠償してもらえることになるかもしれないが、明確な基準は発表されていない。 」
http://blogos.com/article/186295/

ただ僕は過去、車をぶつけられ、相手側が悪いということになったのですが、保険会社から下取りの下落分は
認められないとはっきり言われた記憶があります。物損ではたいした補償が期待できないので、対人に切り替えて損失を補ったのですが。

で、肝心なのが勝訴した場合、いくらになるのか?

7e81d5a3-


そのままサイトから転載しました。
僕の場合、総額180万円でekスペースカスタムターボを購入。
購入1年半年で、走行距離4500kmです。
程度はいいので、下取りは良くて80万てとこでしょうか。
回答通りなら、勝訴した場合、90万円。 弁護団に支払う成功報酬を差し引けば、
74万4480円が僕の取り分となります。

ただ、裁判には費用もかかるわけで、
着手金に二万円、訴訟提起の際に裁判所に支払う印紙代や郵券代、
加えて不便なのが、依頼する場合、直接事務所まで足を運ばなければいけないこと。
そうなると交通費もばかになりませんね。
近くに似たような弁護団が結成されれば、そこに頼めばいいと記載されていますが、
半月たった現在、大阪以外はその動きはなさそうです。 

で・・・・ 結局得なのかどうか?
勝訴し、その額を得られたとしても、その車を手放さなければならず、足が必要な人は、車をまた購入する必要があるわけで、個人的にメリットは皆無で、ていうかおいしい思いをするのは弁護団だけじゃないか(# ゚Д゚)  時間もかかるだろうし。 毎月変動する下取り価格の基準もどう算定するのか不明。 車を手放す必要がなければ、依頼も殺到するでしょうが。 
個人的には ②車両価値下落分の不法行為に基づく損害賠償請求 のみのほうが現実的な気がします。

[PR]

by ganbaremmc | 2016-08-28 09:24 | 三菱自動車 | Comments(2)

Commented by nautilus_nautilus at 2016-08-28 10:16
他メーカーの車に買い替えてekスペースよりカタログ数値より燃費が悪かったらどうするんでしょうね。
替えて良かったって強がるんでしょうね(笑)
Commented by 通りすがり at 2016-08-28 12:58 x
弁護士は儲けになるから今すぐ裁判起こしましょうなんて言いますが、実際数年後の手放す時には世間的には忘れられてますよね・・・。
自分はデイズハイウェイスターを所有していて、10月に初回車検迎えますが通す予定ですよ‼