三菱自 従業員が買い支えで8月軽は前年比プラス

1日公表された8月の国内新車販売台数は、前
年同月比2.9%増の33万6661台となった。増加は4カ月ぶり。
メーカー別では、燃費不正問題を抱える三菱自動車の軽自動車販売が、
従業員の買い支えで27カ月ぶりに前年実績を上回った。  

7e81d4a10-

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した。  国内全体の新車販売のうち、軽は2.0%減の11万3388台。2015年4月の軽自動車税増税の影響が残り、20カ月連続でマイナスだった。  軽以外は、トヨタ自動車「プリウス」の好調を背景に、5.7%増の22万3273台と2カ月ぶりに増え、軽の不振を打ち消した。ただ、自販連は「各社の足元の受注は減っており、回復したとは言えない」とみている。  一方、三菱自の国内販売は、19.9%減の5000台と6カ月連続の前年割れ。うち、軽は10.8%増の3362台、軽以外は「アウトランダーPHEV」の落ち込みで49.0%減の1638台だった。同社によると、軽の増加は、生産工場がある岡山県を中心とする自治体や取引先企業に加え、従業員の購入が支えているという。
時事通信

しかし乗用車は半減 ( ノД`) シクシク… jada.or.jp
実績ではないと批判されそうですが、
地元だけでなく、他人事のように勤務していた従業員も購入してくれるとは、
じつに泣かせる話です。 
益子さん、あんた会見で、「 この気持ちに応えなければならない 」 と、
約束したのだから、はやく辞めてね。

[PR]

by ganbaremmc | 2016-09-01 20:12 | 三菱自動車 | Comments(6)

Commented by at 2016-09-01 20:27 x
益子も買ったのかな?
Commented by OH at 2016-09-01 20:39 x
企業体質として、関連会社や協力会社に三菱車を半強制的に買わせる。社員なら数年毎に強制だ。しかし、販売中止後の「三菱自動車のオフィシャルWebサイト」は悲惨極まる。まともな会社のサイトではない。カーラインアップにほとんど何もない。ここまで来ると、悲惨を超えて笑い転げてしまう。それもこれもみんな、愚かな幹部たちの独断独善、思い上がりが原因だ。数々のリコール隠し、隠ぺい、不正の間にも社員たちに毎朝毎朝の朝礼で「反省の弁」を復唱させておいて、幹部たちは少しも反省もせず偉そうに振る舞っていた。「安全の誓い」とか言って年2回黙とうする日も結局、益子氏の録音済みの「お言葉」を社員の皆さん、もっともらしい顔して聞いていたんじゃないか。心がないんだよ。何も変わらなかったね。社員の買い支えが頼りの会社なんて、恥ずかしいと思わないのかよ!
Commented by at 2016-09-01 21:32 x
従業員に買ってもらって業績を維持してるなんて経営者として最低だわ
Commented by とことこ at 2016-09-01 22:10 x
開発部と自動車部の闘いも、仁義無き戦い、に突入したね。日産との資本提携で自動車部が本丸・開発部を一掃したようだったけど、どっこい恨み、つらみを抱えてまま残党が残っていた。彼らの国交省への内部告発がどんどん出てくるね。
その結果、ユーザーは捨てられ、株主も捨てられ従業員すら捨てられて闘争が続く。粛清もなんのその、醜い内部の権力闘争が続く、は~、ため息
Commented by RVR乗り at 2016-09-03 08:14 x
買い支える……買い支えるね。
半強制的購入、の間違いじゃないのかなと元販社社員としては思ってしまいます。
Commented by ワールド at 2016-09-04 00:29 x
応援のために三菱のクルマを買うなんて情けない。
そこまでする必要はないと思います。人口が減って三菱自動車は身の丈に合った経営がしたいと言ってるのだから、あえて三菱車を買って台数を稼ぐ必要はないわけです。

三菱自動車が身を削ればいい。それが「身の丈」です。