三菱自 インドネシアで乗用車のラインアップを拡充

三菱自動車は、インドネシアで乗用車を中心とした販売戦略を展開する。
新たなブランドスローガン「Brand New Day」を設定するとともに、乗用車のラインアップを拡充。乗用車向けに4年または5万キロメートル以内の定期メンテナンスの工賃を無料とする新サービスも付帯する。これまでインドネシアでは商用車が販売の6割以上を占めていた。経済成長とともに四輪車需要の拡大が見込まれる中、乗用車販売に注力することでさらなるシェア拡大に結びつける。  同社は、インドネシアで商用車市場に強みを持っている。小型商用車の「コルトT120SS」や2代目デリカベースの「コルトL300」の販売が主力で、2015年は2車で販売の約6割を占めた。ただ、資源価格の下落などにより商用車市場が縮小しており、16年の販売は7万7千台と、15年比で微減と計画している。  一方で今後の経済成長に伴い、中長期的に乗用車市場の拡大が見込まれている。このため乗用車中心とした施策に切り替えることで新規顧客の開拓を加速させる。  

7e81d4a10-

新たな戦略の一環として今年1月に新型「パジェロスポーツ」、6月に「ミラージュ」を投入した。加えて10月には小型クロスオーバーMPVの新型車を発売する。  さらにパジェロスポーツでは新車登録から4年及び5万キロ以内の定期メンテナンス工賃が無料となる新サービスを開始。今後は乗用車全車種に同サービスを広げることで、販売拡大につなげていく。
日刊自動車新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-09-06 07:43 | 三菱自動車 | Comments(3)

Commented by 名鉄特急 at 2016-09-06 22:02 x
もうどこの国のメーカーかわからなくなってきましたね(笑)
Commented by 原ちゃん at 2016-09-07 00:41 x
↑上の方と同意見!私もそう思います。なんで日本では売らない?????玉そろえない?????
by株主
Commented by なっしんごなちぇーん at 2016-09-07 17:56 x
新車も増やしてくれないと売れないんで、車種少なくすると販売店さんも困っちゃうんで、日本にも、パジェロスポーツとかミラージュのターボとかほしいね!