トヨタ 新型トールワゴンで「ソリオ」を追撃

トヨタ自動車は、新型の小型トールワゴンに両側スライドドアを採用し、
国内小型車市場での販売攻勢を強める。

7e81d4a10-



2列シート5人乗りで両側スライドドア搭載の小型乗用車市場は、スズキの「ソリオ/ソリオ バンディット」の独壇場となっている。トヨタは対抗モデルの投入で、顧客の囲い込みと新規客獲得につなげ、ソリオを追撃する。  ソリオは2015年5月の発売。16年上期(1~6月)の販売台数は前年同期比47・2%増の2万4573台と好調だ。一方、トヨタは6月に片側スライドドアを採用する4ドアトールワゴンの「ポルテ/スペイド」を一部改良し、衝突回避支援パッケージを採用するなど商品力を高めている。  ただ、2列シート5人乗りで両側スライドドア採用の小型乗用車となると、スズキのソリオと、同社が三菱自動車にOEM供給する「デリカD:2」のみ。スズキはライバル不在の間隙を縫い、3列シートは望まないユーザーや軽トールワゴンからのアップサイジング需要をうまく取り込んできた。  トヨタは、新型の小型トールワゴンに高い環境性能と加速性能を両立した1・0リットルターボ車も設定し、ソリオとの差別化をアピールする。
発売日は11月9日を予定する。
販売は2チャンネルごとに分けた姉妹車の設定とし、オールトヨタで拡販する。開発・生産を担うダイハツ工業もダイハツブランドで販売する。トヨタとともにOEM供給を受ける富士重工業も12月中に新型車の発表を行う予定だ。  スズキは16年度の登録車販売で10万台を目指している。販売好調なソリオにはストロングハイブリッドモデルを追加発売して増販に弾みをつける考えだ。新型車の販路が計6チャンネルに及ぶトヨタグループの販売攻勢が、スズキの好調な小型車販売に歯止めをかけるのか注目が集まる。
日刊自動車新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2016-09-14 20:30 | トヨタ | Comments(9)

Commented by 通りすがり at 2016-09-14 22:21 x
現行ソリオが出たのは去年の8月でしたよ‼
Commented by 名鉄特急 at 2016-09-15 00:22 x
すぐ真似したくなっちゃうのね(笑)
Commented by 特急で通る at 2016-09-15 08:36 x
などとアンチが申しております。
Commented by 名無し at 2016-09-15 18:33 x
スズキをイジメナイデ(>_<)
Commented by 通りすがり at 2016-09-15 20:28 x
あれっ、あれってスライドドアだったの?
前に出てたイラストはヒンジドアだった気が…。
Commented by ウィッシュ at 2016-09-15 20:38 x
スライドドアで決まったそうです。ボタンで開閉できるやつでしたよ
Commented by ioli at 2016-09-16 07:55 x
ま、雉沢蜜宏の初老クソジジイが、ボロいスズキソリオよりもトヨタのを買えって言い出すのは直ぐに予測できるw。
そのうちSマークが安っぽいからダメとかいう理由も使い出しそうだ。
Commented by ワールド at 2016-09-16 21:59 x
ソリオは他社にもありそうでないクルマです。何もトヨタがやることないのに。ラクティスを進化させてくれればいいのになー
Commented by なっしんごなちぇーん at 2016-09-16 23:45 x
もうトヨタは、すぐパクるんだからー またコレが売れるのか?