三菱自「GT-PHEV コンセプト」パリで世界初公開

三菱自動車は、9月29日から開幕するパリモーターショーにおいて、
SUVのPHEVコンセプトモデル「GT-PHEVコンセプト」を世界初披露すると発表した。

7e81d5a11-



エクステリアでは、三菱のフェイスデザイン アイデンティティであり、人とクルマを守る機能をダイナミックかつ力強く表現した「ダイナミックシールド」を採用している。
また、GT-PHEVは3つの高出力・高効率モーターを備えていることが特徴。バッテリーも新世代の大容量駆動用バッテリーが搭載されている。ハイブリッドでの航続距離は1200kmに及び、EV走行のみでも120km走ることが出来る。
3つのモーターはフロントに1つ、リアに2つ搭載。
フルタイム4輪駆動と車両運動統合制御システム「S-AWC」により、
新たな領域での操縦安定性を発揮する。
headlines.yahoo.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2016-09-15 20:07 | 三菱自動車 | Comments(7)

Commented by socie20 at 2016-09-15 20:20
駆動用に3モーターってことは、3モーター+1ジェネレーターの4モーター構成ってことかね。
てことはだね、このプラットフォーム流用して4モーターピュアEVを出そうと目論んでいそうだ。
益子がこんな面白いこと許可すると思えんから、PHEVの時みたいに開発陣側でこっそりオモシロ技術開発のパターンか。
Commented by at 2016-09-15 20:34 x
そして製品される事なくいつの間にか消えるまでがいつものパターン。
Commented by at 2016-09-15 21:05 x
とりあえず、普通のハイブリット出したら
Commented by mtip at 2016-09-15 22:26 x
たしかにサイドのプレスラインはいらないなあ。
しかし3つもモーター載せてEV走行120kmって、どんな電池なんでしょ?
Commented by ワールド at 2016-09-15 22:58 x
三菱デザインであるダイナミックシールドは、フロントだけでなく、四方ともダイナミックシールドに見合ったデザインをするところがいいです。まだまだ三菱はデザイン力は落ちてない。というか、他社に比べてもひけはとらないです。

しかし、このスタディモデルは、ベルトラインから下はデザインレスです。これは現行アウトランダーより大きくなることを物語ってるとしか思えない。タイヤ、ホイールアーチが大きいですが、それでごまかしてるような気がします。もし、このまま市販型にこのソースを使えば、もう少しアーチは小さくなってしまう。・・・地味になること必定です。

アウトランダーは今の大きさがちょうどいいです。
Commented by ななし at 2016-09-16 01:24 x
間違えなく市販車はカッコ悪くなる予感、というか国交省がOKださないんじゃないの?w
Commented by brv at 2016-09-16 07:58 x
ダメだこりゃ。