三菱自益子社長 メーカーへの補償はほぼ解決

三菱自動車の益子修会長兼社長は20日、岡山県を訪れ、
伊原木隆太知事らに燃費データ不正発覚後に実施した再測定でも不正な方法を続けていたことなどを説明し、陳謝した。水島製作所(同県倉敷市)での軽自動車4車種の生産停止に伴う部品について、記者団に「ほぼ解決した」と話した。 

7e81d5a13-


7e81d4a10-



再測定での不正について伊原木知事は「事象が起きたのは5月初めの混乱の最中で、新体制に移る前のこと」としながらも「正すべきところは、しっかり正していただく。県としては今後もサポートしていきたい」と述べた。 益子会長は大道正夫専務執行役員、須江隆行執行役員水島製作所長とともに、倉敷市の伊東香織市長、総社市の片岡聡一市長も訪問した。両市が同社製の軽自動車などを公用車として購入する方針を示していることに謝意を表明した。倉敷市議会の中では「問題を起こした企業の製品を税金で買うことに、市民の理解が得られるのか」との声が上がっている。 再測定でも不正を続けたことを受けた再発防止策の見直しについて、益子会長は「この一週間くらいをメドに報告したい」と話した。水島製作所は20日、8月の軽自動車4車種の生産が5740台だったと発表した。生産再開後の目標5千台を上回った。
日本経済新聞




[PR]

by ganbaremmc | 2016-09-21 04:19 | 三菱自動車 | Comments(2)

Commented by オカザえもん at 2016-09-21 08:47 x
最初のekの燃費不正が発覚した時、相川社長から報告を受けたマスコは隠そうとしたらしいよ。
でも相川が「このまま隠蔽したら以前のリコール隠蔽事件の時と変わらない。このままでは本当に三菱自がだめになるから止められても発表する。三菱自のことを思うなら一緒に辞任は覚悟してほしい。」と迫ったんだと。
それが気に食わなくて相川に責任を被せて辞任に追い込んで自分はそのまま。
で、マスコの言いなりの無責任役員体制になってこの始末。
結局諸悪の根源はマスコ。
Commented by ヒカル at 2016-09-22 07:26 x
>オカザえもんさん

その話が本当だとすれば尚更益子さんのことが許せません。
相川さんはもう戻ってこないし、悔しいですね。
相川さんとモーターショウでお会いした時、他社のブースやクルマを自ら見て回り写真を撮り、リサーチする姿にこの方ならきっと・・・と期待していました。
まさかこのような形で退陣されるなんて。勿論トップとして当然の行いをしたまででしょうけど、益子さんがまるで自分には非がないといわんばかりに居座っている事が物凄く腹立たしいです。