三菱と提携していたプロトンが身売り?

ロータスの親会社であるマレーシアのプロトンの酷い決算を埋める手段として、キャッシュを生み出すひとつの方法としてロータスの売却話が出ている。プロトンはマレーシアのコングロマリットであるDRB-ヒルコムが所有する一企業だが、DRB-ヒルコムが、プロトンを救済する手段のひとつとしてロータスの売却を考えていると、オートモビル・ニュース・ヨーロッパ(ANE)に語ったのだという。AUTOCARでもこの噂を確かめるべくロータスにコンタクトしたが、当然ながらこの件に関してのコメントはできないという回答が帰ってきた。
また、ANEによれば、PSAグループ、ルノー、スズキがプロトン自体の買収に関心があるとされている。しかし、この場合、それがロータスを含んだものかどうかは不明だ。
autocar.jp

7e81d5a2-


[PR]

by ganbaremmc | 2016-09-26 18:52 | 海外メーカー | Comments(2)

Commented by 名無し at 2016-09-27 19:35 x
スズキとプロトンは協業することになってますね。
スズキモデルのKD部品を供給してプロトンの工場で組み立てるとか。
スズキが一歩リードかな。
でもテッド会長は「ロータスは要らん!!」って言うだろうな。
個人的にはロータスが200万円台でカプチーノ作ってくれたらいいな。
Commented by at 2016-09-30 20:07 x
三菱にとってはタイミング悪かったですね。
スズキからスイフトのハンドリング・バイ・ロータスが出たら買っちゃうかも。