三菱自 Mitsubishi GT-PHEVの排気量は2.5L

海外の最新記事 carscoops.com によると、
Power for the GT-PHEV Concept comes courtesy of a plug-in hybrid electric powertrain. This setup combines a 25 kWh battery pack mounted under the floor, one electric motor at the front, two electric motors at the rear and a 2.5-liter petrol engine that acts as a generator under normal driving conditions.
In all-electric mode, Mitsubishi claims that the concept can cover 120 km (75 miles) on a single charge. The range then extends to 1,200 km (745 miles) when the petrol engine kicks in.

排気量2.5Lのエンジンが採用されるようですね。

7e81d5a3-



7e81d5a10-

7e81d5a11-

7e81d5a12-


[PR]

by ganbaremmc | 2016-09-29 20:23 | 三菱自動車 | Comments(6)

Commented by K(元社員) at 2016-09-29 19:53 x
1980年台のミラージュⅡ?と左が若き日の相川さんだ。いい写真ですね。益子さんと違いホイールが三菱愛に溢れてますね。俺もあの頃に帰りたいです。
Commented by クーペSUV待ち at 2016-09-29 20:10 x
現行アウトランダーより背が低そう?

シートの質感は良さそうですねー!
Commented by ワールド at 2016-09-29 20:55 x
このミラージュあたりから私は三菱ファンになりました。今見ると、そんなに悪くない、というか古さを感じさせないデザインです。マイナー後のX1Xというグレードはなかなかでした。ただ、リアのトレッドがなんとも狭く残念でしたが。

この時代のような三菱自動車は復活するのでしょうか?

このコンセプトカーのデザインはともかく、シートは確かに良さそうです。新味はないですけどかなり考えられたもののような気がします。エクステリアもこのぐらい頑張ってほしい。
Commented by 通りすがり at 2016-09-29 22:36 x
おっ!ミラージュカップレース用車両のブリスターフェンダー付いてんじゃん!
Commented by 通りすがり at 2016-09-29 22:43 x
>ワールドさん
X1Xってステアリングとホイールがポルシェデザインで国産量販車で最初にレカロシートを装備した車だね。
Commented by ワールド at 2016-09-30 22:30 x
通りすがりさん

そうですそうです。当時の三菱自動車は、デボネアとAMG、アクアスキュータムなどとくっつけてました。結果はともかく、そういう試みが三菱自動車にはありました。当時のような三菱自動車が戻ってくるのを願ってやみません。