トヨタ 新型プリウスPHV米市場へ年内販売。270万円から

トヨタ自動車が米国のプラグインハイブリッド(PHV)市場に新型車を投入する。
米ゼネラル・モーターズ(GM)の「シボレー・ボルト」より
6000ドル(約61万円)安価な「プリウス・プライム」を提供する。  



「トヨタ」ブランドの米国セールス責任者ビル・フェイ氏は9月23日の記者説明会で、プリウス・プライムの価格は2万7100ドルから始まり、トヨタが2015年6月に生産を打ち切った従来のPHV車より3000ドル安いと述べた。GMのウェブサイトによれば、シボレー・ボルトは3万3170ドルから。  プリウス・プライムは年内に発売され、1回の充電ごとにガソリンを併用しない電池だけで25マイル(約40キロ)の走行が可能。53マイル走行できるシボレー・ボルトの約半分だが、トヨタのこれまでのPHVは11マイルしか走らなかった。
bloomberg.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-04 21:24 | トヨタ | Comments(3)

Commented by jomon at 2016-10-05 00:39 x
日本でも270万円なら飛ぶ様に売れるでしょう。
Commented by ZEV at 2016-10-05 10:42 x
日本でもZEV規制やればいいのに。
270万で売るんでしょう。
ディーゼルは撲滅と言うことで
Commented by 名無し at 2016-10-05 18:49 x
普通のプリウスより、こっちの方が”まだ”カッコいいね。