ホンダ 新型フリード、2万7000台超を受注

ホンダは、9月16日に発売した新型『フリード/フリードプラス』の受注台数について、
発売後約1か月の10月16日時点で、
月間販売計画6000台の4倍以上となる2万7000台を超えたと発表した。

7e81d5a2-

受注の構成比はフリードハイブリッド車が38%、同ガソリン車が36%、フリードプラスハイブリッド車が15%、同ガソリン車が11%。購入層はファミリー層が中心だが、フリードは子育て層、フリードプラスは独身、子離れ層が多く占める傾向だ。また、先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」については、82%がメーカーオプションまたは標準装備として装着している。購入のポイントとしては、ホンダセンシングによる安全運転支援や、エクステリアデザイン、多彩なシートアレンジと広い室内空間、力強い走りと低燃費を両立したパワートレインなどが挙げられており、フリードプラスについては車中泊も可能なフラット空間と床下収納を同時に実現した超低床荷室が多くの支持を得ている。
carview.yahoo.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-17 19:32 | ホンダ | Comments(2)

Commented by tozu02 at 2016-10-17 20:00
シエンタもですが、3列の4WDが6人乗りしか選べないのが不満
日産次期キューブ3列に期待します。
Commented by ちっぷ at 2016-10-18 21:17 x
意外とガソリン車が売れてるね