三菱自 中国9月販売18か月ぶり前年超え

日系自動車メーカー7社の9月の中国での新車販売台数は、全社で前年同月超えとなった。各社スポーツ多目的車(SUV)の好調が目立つ。中国自動車工業協会によると9月の新車販売台数は前年同月比26・1%増の256万4000台だった。小型車の減税措置が効いた。日産は最量販のセダン「シルフィ」シリーズが3割増え、SUV「キャシュカイ」が5割増となった。ホンダは小型SUV「ヴェゼル」「XR―V」が二ケタ増となったほか新型「シビック」が4倍の伸びを示した。トヨタは主力「カローラ」「レビン」の好調で二ケタ増となったほか、マツダは新型SUV「CX―4」の純増で最大の伸びとなった。スズキは小型車の不振をセダン「アリビオ」、SUV「ビターラ」でカバーし9カ月ぶりの前年同月超え。



三菱自は18カ月ぶりに前年同月超えとなった。
SUV「ASX」が好調だった。
日刊工業新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-19 07:16 | 三菱自動車 | Comments(0)