三菱自 相川さんを追い出し、自分は留任する寄生虫

日産自動車は19日、カルロス・ゴーン社長(62)が三菱自動車の会長につく人事を固めた。
三菱自の益子修会長兼社長(67)には、社長留任を要請している。
三菱自は月内に日産から34%の出資を受け入れる予定で、ルノー・日産のトップを兼務するゴーン氏が三菱自の会長も兼任し、抜本的な経営の立て直しを進める。 
12月に開く三菱自の株主総会後の取締役会で正式に決める。
同社は今年4月に軽自動車で燃費改ざんが発覚。日産からの出資を受け入れ、事実上傘下に入る。ゴーン氏は自らが会長として経営に関与し、三菱自の企業風土の改革や日産との協業を進める。 ゴーン氏は日産の社長のほか、同社の筆頭株主である仏ルノーの最高経営責任者(CEO)も務める。独ダイムラーや米フォード・モーターと燃料電池車の開発で組むなど、巧みな提携戦略で規模を拡大してきた。東南アジアに強い三菱自と連携することで、さらなる規模拡大につなげるほか、両社がエコカーの本命と位置づける電気自動車の分野でも交流を深める考えだ。 日産は三菱自への出資に伴い、取締役4人を送り込むことを決めている。燃費改ざんで問題になった開発部門には、日産の副社長だった山下光彦氏(63)が三菱自の副社長としてすでに着任しており、同部門の改革を進めている。 燃費改ざんの発覚を受けて、三菱自では6月に当時の相川哲郎社長(62)が引責辞任し、益子氏が社長を兼務している。燃費改ざん問題に関して益子氏の経営責任を問う声もあり、益子氏は日産からの出資受け入れ後に辞任する意向を固めて周囲に伝えていた。 
ただ、益子氏についてはゴーン氏が社長にとどまることを強く要請しているもようだ。
日本経済新聞

7e81d5a3-



7e81d5a7-



週刊文春 2016年5月26日号
―― ゴーン氏が続投を求めていることについては。
「 あり得ません。ゴーンさんにも『 それは駄目です 』と言いました。なんでお前が辞めないのか、となりますから 」
―― 益子批判がある一方で、ゴーン氏と話ができる人が他にいないという声もある。
「 本当なら責任とって、すぐ辞めた方が楽ですよ。全部ぶちまけてね。ただ、私の立場だとそうもいかない。日産との話が成立しなければ、三菱グループがもう一度やり直す合理的な理由はない。そうなると、たぶん(三菱自は)潰れると思うんですね。だからゴーンさんにお願いするのは、僕が居なくても(資本提携を)止めないで、ということだけなんです 」
そして冒頭のように、これまでの十一年間について問い直すと、益子氏は「 会社を変えられなかった 」と漏らし、最後は自嘲気味にこう語るしかなかった。「 経営者になると、できないことが分かるんです。下にいる時は分からない。でも下の人たちが『 このままでは無理じゃないか 』と分からないと。結局、上がやめさせているというふうに見えるんでしょうね 」


9月16日 石井国交相の会見より
「 益子会長社長は、日産から正式に資本参加された段階で辞任すると認識している。 」
続きはこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-19 18:51 | 三菱自動車 | Comments(6)

Commented by at 2016-10-19 19:06 x
要するに出来レース。
さあ、始まるよリバイバルぷらんが。
まずは統専職が半数になり、商事から来たのがみな帰る。
Commented by スバル軽乗り at 2016-10-19 19:30 x
サバイバルプランとは楽しみ。
Commented by at 2016-10-19 19:34 x
まあまだわからんでしょ。
自分から求めたわけじゃないんなら、請われても断るだけ。

ただゴーン氏が言うのなら…となる可能性もある。

とにかく決めつけないで結論出るの待つしかない。
最後くらい潔く行ってほしいもんだけども。
Commented by 匿名 at 2016-10-19 19:42 x
益子さん、随分疲れきった表情していましたが、辞めたくても辞められないのだと思います。
筆頭株主になる日産の最高責任者のゴーン氏から出資の条件が益子さんの続投なのではないですか?
益子さんは辞めたほうが楽だと思いますが、状況がそれを許さないのでしょう。
Commented by ・q・ at 2016-10-19 20:26 x
>本当なら責任とって、すぐ辞めた方が楽ですよ。全部ぶちまけてね。

これは一体どういうつもりの発言なんでしょうね。
心の底では自分には非がないとでも思っているのでしょうか。
こういう発言が社員の士気を下げることすらも分からないのかな。
Commented by 現CEO at 2016-10-19 20:31 x
ゴーン様の慈悲深い判断がわからんのか、この馬鹿共が!