日産 新型ノートHV、売れ筋グレードの燃費は34km/L

国沢さんが新型ノートe-powerについて調べてくれました。

用あって日産のディーラーに行ったら、
すでに『e-パワー』とネーミングされる
日産の新しい省燃費パワーユニットを搭載したノートの受注が始まっていた。
トヨタ・アクアやホンダ・フィットハイブリッドの対抗馬となるハイブリッド車で、売れ筋モデルのJC08燃費は34km/L。アクアの37km/Lにこそ届いていないが、フィットハイブリッドの量販グレードの33,6km/Lを凌いでおり好勝負! 営業マンによれば、リーフと同じ大出力モーターを使い、高性能リチウム電池を組み合わせているため追い越し加速のレスポンスはアクアやフィットハイブリッドを圧倒するとのこと。「11月2日の発表日に試乗車が用意できるから乗ってみてください!」。気になる価格は、量販グレードの自動ブレーキ付き『X』で195万9120円だという。アクアの『S』に自動ブレーキ付けたら194万1055円だ。 フィットハイブリッドの『Fパッケージ』に自動ブレーキ付けて195万9千円だから、これまた良い勝負。新しいパワーユニットは、電気自動車に1200ccの発電機を搭載したと考えればOK。搭載した電池のパワーで走り出し、一定の速度になったらエンジン始動して発電する。アコードハイブリッドや、アウトランダーPHEVのハイブリッドモードと同じようなシステムだと考えればいい。 ちなみに最廉価グレードの『S』は177万2280円と安価ながら、エアコンや後席のパワーウインドゥ等付いていない。JC08燃費を見たらアクアを凌ぐ37,2km/L! おそらくアクアの37km/Lを凌ぐグレードを設定したかったのだろう。競争が技術を育てる。ノートのデザインはカッコ良いし、本当にアクアやフィットハイブリッドよりアクセルレスポンスが良いなら大いに魅力的だと思う。
bylines.news.

7e81d5a10-

[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-21 18:31 | 日産 | Comments(0)