日産 新型ノートの月販目標は2万台っ!

日産自動車は、11月に大幅改良して発売する新型「ノート」の月販目標を
現行の倍増となる2万台に設定する。

6



このうちクラストップの燃費37・2キロメートル/リットルを達成した
新設定のハイブリッド車(HV)「e―パワー」は6割と想定。
現行販売の登録車で2万台の目標は最多となる。電気自動車「リーフ」譲りの加速と優れた燃費を両立したHVを投入することで、トヨタ自動車「プリウス」や「アクア」を上回る販売を目指し、車名別販売でトップを狙う。  新型ノートは、エンジンで発電してモーターを駆動するシリーズ式ハイブリッドシステム「e―パワートレーン」を初搭載する。ノートに搭載する1・2リットルガソリンエンジンを発電機として活用、リーフの駆動用モーターを搭載する。エンジンの最適燃焼領域を有効活用することで、クラストップの燃費性能を実現した。  大幅改良では日産の最新デザイン「Vモーショングリル」を採用するなどノート全車の商品力を強化する。競争力の高いHVを追加する一方で、ガソリン車も価格重視のユーザーなどをターゲットに現行並みの販売台数を維持する。  現行ノートは、2012年9月に発売。「セレナ」「デイズシリーズ」に並ぶ主力車種で、月販目標は1万台に設定。スーパーチャージャーモデルを設定するなどダウンサイジングニーズの取り込みにも注力している。ただ、国内市場はアクアやプリウス、ホンダ「フィットハイブリッド」などHVが強く、15年度販売でも首位のアクアがモデル末期にもかかわらず19万2千台を販売する一方でノートは9万5千台と、車名別ランキング(軽自動車含む)で11位にとどまっている。日産では主力モデルに待望のHVを追加することで反転攻勢を強め、国内市場でのシェア回復につなげていく。
日刊自動車新聞

三菱自にOEMしてくれませんか?


[PR]

by ganbaremmc | 2016-10-26 06:31 | 日産 | Comments(3)

Commented by 通りすがり at 2016-10-26 09:48 x
三菱へOEMするならCOLTにしましょう‼
打倒アクアなるか楽しみですね✨
Commented by mtip at 2016-10-26 16:36 x
なんで三菱はこれをやらなかったんですかね。
ミラージュがタイで無理でも、iベースで作れなかったのかな。
どうせマーケットが、とか言うんでしょうけど。
Commented by Lap at 2016-10-26 21:20 x
三菱が軽のPHEVとか出したら、国交省のお役人の皆々様がどのようなお気持ちを抱くのでしょうかな。
見てみたいなあ〜