スバル社長「米国での販売はまだまだ伸びる」

富士重工業は2017年3月期連結業績予想について、売上高を100億円、営業利益を270億円、経常利益を130億円、純利益を70億円それぞれ下方修正。新車販売は北米を中心に好調で、営業利益で354億円の押し上げ要因となり、タカタ関連のリコール(回収・無償修理)など諸経費の増加分を吸収するが、円高が378億円の押し下げ要因となる。通期の連結販売台数は新型インプレッサの投入などで、日本や最大市場の米国を中心に上方修正したことで、前回計画の104万9700台から106万2400台に引き上げた。通期の前提為替レートは1ドル=106円から104円に見直した。  吉永泰之社長は決算説明会の席上、「(富士重の)米国(販売)はまだまだ伸びると思っている。米国以外の地域も果敢に攻めていきたい」と強調した。 16年9月中間は減収減益。連結販売台数は前年同期比8.4%増の51万2000台と過去最高を更新したものの、円高やタカタ関連のリコール費用などが収益を圧迫した。
時事通信  

6

富士重、産業機器事業を終了へ
富士重工業が2日、事業の中核である自動車事業のさらなる競争力の強化に向けて、経営資源をより有効に活用するために、産業機器事業を終了すると発表した。 産業機器事業においては、建設機械や産業機械、農業機械に搭載する汎用エンジンをはじめ、スノーモービルやオフロードカーなど向けの高性能車載用エンジン、発電機、ポンプなどの完成商品を生産・販売している。 現在販売中の汎用エンジン・発電機などは、17年9月末をもって生産・販売を終了する。なお、一部の車載用エンジンなどについては、顧客との供給契約の期間満了をもって生産・販売終了となる。また、アフターサービスについては、生産・販売終了後も継続する体制を整える。中国において生産を委託している一部機種のエンジンについては、委託先各社による生産継続の意向を受け、各社への技術譲渡などを進めている。
モーニングスター社

スバル、米国でのインプレッサ生産を開始
https://mag-x.jp/2016/11/02/2864/


[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-02 20:11 | スバル | Comments(1)

Commented by tokotoko at 2016-11-03 10:21 x
スバルもそろそろ米国で大スキャンダルにされそうだな。終わる企業だよ。