トヨタ 2020年までにEV量産へ

トヨタ自動車が2020年までに電気自動車(EV)の量産体制を整え、EV市場に本格参入する方向で検討に入った。世界各地で自動車への環境規制が強まっているため。これまでエコカー戦略の中核としてきたハイブリッド車(HV)と燃料電池車(FCV)に続き、EVも主要製品として品ぞろえに加える。



6


EVの企画や開発を手掛ける社内組織を17年初めにも新設する。グループ企業の協力を得て早期の生産開始をめざす。 1回の充電で300キロメートルを超える距離を走行できるEVを開発する。HVの「プリウス」や主力車「カローラ」などと同じプラットホーム(車台)を使い、世界で人気が高まっている多目的スポーツ車(SUV)とする案などが出ている。 性能を左右する基幹部品の電池は、1月に立ち上げた電池材料技術・研究部を通じて開発を加速する。社外からの調達も検討し、航続距離や充電時間などの性能と価格を両立させたい考えだ。 20年に東京五輪で世界の注目が集まる日本に加え、EVの普及を図る世界の主要市場で販売する。米国ではカリフォルニア州が一定の割合でEVなどを販売しなければならない規制を設け、中国も手厚い補助金で普及を後押ししている。 トヨタのEVでの実績は、12~14年に米テスラモーターズと共同開発したSUVを米国で販売したことなどにとどまる。電池のコストや航続距離の短さといった問題から、本格普及は難しいと判断。日産自動車などがEVに傾斜するのとは一線を画してきた。 ところが、各国がEVを重視した規制や普及策を相次いで導入。航続距離や充電インフラなどの問題も改善に向かっており、EVを含む全方位のエコカー戦略に傾いた。 エコカーの主軸にディーゼル車を据えていた独フォルクスワーゲン(VW)も戦略を転換した。25年までに販売台数に占めるEV比率を現在の1%から25%近くまで引き上げる方針を示した。 中国ではEV最大手の比亜迪(BYD)が生産を拡大し、米国ではテスラが17年に発売を予定する小型セダン「モデル3」などのEVが人気を集める。トヨタはこうした競争相手の動向を踏まえて生産体制を決める。 国際エネルギー機関(IEA)によると、15年のEVの世界販売台数は32万8千台。新車販売全体に占める割合は0.4%未満だ。ただ、30年には8%に達するとの予測もある。将来的にはHV、プラグインハイブリッド車(PHV)、EVなどが併存するとの見方が有力で、自動車各社は多様な動力源への対応を迫られている。
日本経済新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-07 08:15 | トヨタ | Comments(2)

Commented by エコエコザラエク at 2016-11-07 09:24 x
PHVは不要だな。
Commented by あのに at 2016-11-07 12:49 x
個人的にはレンジエクステンダーEVに期待してます。