トヨタ 2020年までにEVを量産

トヨタ自動車が2020年までに電気自動車(EV)の量産体制を整え、EV市場に本格参入する方向で検討に入った。世界各地で自動車への環境規制が強まっているため。これまでエコカー戦略の中核としてきたハイブリッド車(HV)と燃料電池車(FCV)に続き、EVも主要製品として品ぞろえに加える。



6


EVの企画や開発を手掛ける社内組織を17年初めにも新設する。グループ企業の協力を得て早期の生産開始をめざす。 1回の充電で300キロメートルを超える距離を走行できるEVを開発する。HVの「プリウス」や主力車「カローラ」などと同じプラットホーム(車台)を使い、世界で人気が高まっている多目的スポーツ車(SUV)とする案などが出ている。 性能を左右する基幹部品の電池は、1月に立ち上げた電池材料技術・研究部を通じて開発を加速する。社外からの調達も検討し、航続距離や充電時間などの性能と価格を両立させたい考えだ。 20年に東京五輪で世界の注目が集まる日本に加え、EVの普及を図る世界の主要市場で販売する。米国ではカリフォルニア州が一定の割合でEVなどを販売しなければならない規制を設け、中国も手厚い補助金で普及を後押ししている。 トヨタのEVでの実績は、12~14年に米テスラモーターズと共同開発したSUVを米国で販売したことなどにとどまる。電池のコストや航続距離の短さといった問題から、本格普及は難しいと判断。日産自動車などがEVに傾斜するのとは一線を画してきた。 ところが、各国がEVを重視した規制や普及策を相次いで導入。航続距離や充電インフラなどの問題も改善に向かっており、EVを含む全方位のエコカー戦略に傾いた。 エコカーの主軸にディーゼル車を据えていた独フォルクスワーゲン(VW)も戦略を転換した。25年までに販売台数に占めるEV比率を現在の1%から25%近くまで引き上げる方針を示した。 中国ではEV最大手の比亜迪(BYD)が生産を拡大し、米国ではテスラが17年に発売を予定する小型セダン「モデル3」などのEVが人気を集める。トヨタはこうした競争相手の動向を踏まえて生産体制を決める。 国際エネルギー機関(IEA)によると、15年のEVの世界販売台数は32万8千台。新車販売全体に占める割合は0.4%未満だ。ただ、30年には8%に達するとの予測もある。将来的にはHV、プラグインハイブリッド車(PHV)、EVなどが併存するとの見方が有力で、自動車各社は多様な動力源への対応を迫られている。
日本経済新聞

[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-07 08:16 | トヨタ | Comments(6)

Commented by カー at 2016-11-07 10:29 x
世界標準はEVですからね~※HVはトヨタとホンダ
水素は時期早々だし・・・
出遅れた分をどう取り戻すかですね?

Commented by tokotoko at 2016-11-07 10:57 x
あきおちゃんのチョンボが続いてるね。まあ、本人はWRCで勝てたら機嫌がいいのだから、取り巻き連はホッタラカシ。
おごる平家・・・、落ちるのみてか、ぷぷぷ
Commented by 名無し at 2016-11-07 20:15 x
2020年では完全に取り残されますね。
国内のEVに関しては日産・三菱連合が先行しそうですね。
Commented by 名無しさん at 2016-11-08 17:42 x
ベンチャーや異業種がEVに参入すると、「部品点数が少ないから簡単!」
「既存メーカーは窮地に!」
とか騒ぐのに、何故か既存メーカーには厳しいですね。
トヨタが本気出したら凄いですし、だいたいトヨタ方式のハイブリッドの方が遥かに複雑な制御が必要でしょう。
それに、トヨタが落ちる、って笑ってる人が居るけど、どれだけ経済に影響するか考えてます?
Commented by 通りすがり at 2016-11-08 18:27 x
底辺が天下のトヨタに嫉妬してんだよ
日本のトップの会社が底辺の指摘なんて受けるわけないだろ
Commented by tama at 2016-11-08 19:20 x
トヨタ連合(スバルマツダスズキ)が嫉妬されるのもまあ分かる。
手懐けたスバルはもちろん、マツダやスズキみたいな強大なメーカーが友達な、ユートピアでいるグループがディストピアなレバノンだかブラジルだかフランスだかどこの馬の骨とも知れない輩に振り回されるのに妬まれるのも仕方無い。