三菱自 プジョーとの協業を見直し。ディーゼル調達を終了

三菱自動車が仏プジョーシトロエン(PSA)グループからの
小型ディーゼルエンジンの調達をやめる方向で検討していることが分かった。

7

日産自動車の傘下入りに伴って調達先を切り替え、
日産の資本提携先である仏ルノーから調達する方針。
三菱自とPSAは10年超、協業関係にあったが、日産との資本提携により関係の見直しを迫られそうだ。現在、欧州で販売する小型スポーツ多目的車(SUV)「ASX(日本名RVR)」に、PSAから調達する排気量1600ccのディーゼルエンジンを搭載している。次の改良を機に、PSAからルノー製の小型ディーゼルエンジンに切り替えるとみられる。三菱自はリコール隠し問題で経営危機にあった2005年に独ダイムラー・クライスラー(現ダイムラー)との資本提携を解消。05年以降は、車両のOEM(相手先ブランド)供給などでPSAと協業を広げ、距離を縮めてきた。資本提携の交渉までしたが、10年に断念した経緯もある。現在はディーゼルエンジンのほかに、ロシアでの合弁生産事業、電気自動車(EV)での協業、OEM供給を行う。これらの協業も見直す可能性がある。
日刊工業新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-10 05:48 | 三菱自動車 | Comments(2)

Commented by スバル軽乗り at 2016-11-10 12:39 x
ルノーとPSAが統合すれば解決…するかな?
Commented by cvcc at 2016-11-11 12:14 x
というか、ルノーの車を日産と三菱ディーラーでも正規販売してほしい。