日産 スズキへのランディ供給終了。技術の機密保持のため

スズキは日産自動車からOEM(相手先ブランド)供給を受けている
ミニバン「ランディ(日産名セレナ)」の販売を打ち切った。

7a



日産は8月の「セレナ」の全面改良を機にスズキへの供給を終了した。
新型セレナが先進の自動運転システムを搭載したことや、スズキがトヨタ自動車と提携協議を始めたことが影響したとみられる。ランディの販売終了により日産からスズキへのOEM供給車種はなくなる。一方、スズキから日産へは「キャリイ」など軽商用車を中心に供給を継続している。ただ、軽乗用車は「アルト(日産名ピノ)」と「MRワゴン(同モコ)」のOEM供給をすでに終了、両社のOEM関係は縮小している。日産とスズキは2006年に車両を相互供給する提携強化を発表。07年1月に日産のピノ、スズキのランディとして発売した。しかしその後、日産は三菱自動車と軽自動車事業の共同出資会社「NMKV」を設立。スズキは16年10月にトヨタと提携協議の開始を発表した。自動車業界の再編が加速する中、日産とスズキの協力関係は希薄になっている。3列シートのミニバン市場はトヨタの「ヴォクシー/ノア」、日産のセレナが2強となっている。ランディはスズキとして最大・最高価格車として顧客層の開拓を狙って投入。07年度の販売実績は約3600台で、ここ数年は年間1000台程度になっていた。新型セレナには自動運転システム「プロパイロット」が搭載された。このため日産側では先進技術の機密保持、スズキ側は販売店でのサービス対応もOEM供給のハードルとなった。
日刊工業新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-17 06:25 | 日産 | Comments(6)

Commented by virtualXXX at 2016-11-17 09:16 x
ソリオがワゴンRの拡張版から進化したように、ランディもエブリィの拡張版から進化して、15年後には真のスズキのミニバンとして世に出て活躍していることを願います
エブリィワゴンの拡張版(大型版)も同じく、トヨタのタウンエースのように商用系をカバーする立ち位置で兄弟車として出て来てほしい所です AGSの活かしどころだとおもいます
ただし、その過程にトヨタのOEMがワンクッションあること、覚悟しなければならなそうです...
 
エンブレムだけ変えるようなOEM自体は好かなかったですが、日産のOEMがあったからこそ名前が繋がり次の希望がもてました、おそらくスズキはとても助かったと思います、これまでどうもありがとう、おつかれさまでした
Commented by 通りすがり at 2016-11-17 15:43 x
最高価格の車というより、スズキ縛りのある家族連れ専用車と化してたような。
次期ランディ==ノアになるんですかね?まさかのエアトライサー…はないか(汗
Commented by ともたん at 2016-11-17 19:16 x
virtual師匠最高!!
Commented by 名無し at 2016-11-17 19:59 x
> virtualXXX氏
スズキは海外に3列シートのエルティガがあります。他にも1BOXタイプのAPVもありますが、これは乗り心地と燃費が鬼ワルでした。
エルティガの次期モデルに期待しましょう。
もう少し全長が延びてK14Cターボ搭載で4WDもあれば言う事なしです。
Commented by virtualXXX at 2016-11-18 10:11 x
>通りすがりさん
エアトライサーもったいないですね
おそらく今のところは市販計画はないのでしょうね
スズキらしさを感じさせる形、観音開き(というのか?)、ちょっとアイアンマンっぽい顔...スバルのエクシーガのようにコンセプトで期待させたあと、長く、長く、顧客を待たせ、世に出て来たときには時代遅れ感が否めなくなっていたというオチにならないよう、ぜひ出て来てくれればいいなとおもいます
 
>ともたんさん
最高なのはむしろエブリィのほうだとおもわれます、ファンにとってそのメーカーの車種はご神体ですね(そのご神体を批判することもある矛盾を抱えているのですが) いかなる形であれ、ぜひ、過去のごとく大型化して出て来てほしい所です 今のエブリィはますますそうする価値がある姿になったのでないでしょうか 大粒小粒と揃い踏みというのでしょうか、キャリィの扱いも含め、ファンとしての夢ではあります
 
>名無しさん
APVの乗り心地・燃費に関する話は軽い話も滅多に聞けないですが、鬼がつくほどとは残念ですね 東南アジア、インドなどでは未だ道路事情もわるそうですし、それでも許されるのでしょうね...乗り心地だとエルティガも少々期待薄なのでしょうか この機会にAPVの写真をみてまわったのですが、メイブンとして三菱にOEMされていたんですね、バンパーまわりがAPVよりもメーカーらしさを感じられて、一目見て姿だけならこれはイイとおもいました...APVがモデルチェンジされるころ、スズキの4WDが成熟しておるなら、また三菱に供給もいいとはおもうのですが、三菱は独自のMPVを出すのであれば、まずそれを期待して、長く続いてもらうよう祈らなければいけないですね ガチの4WDなら三菱の方が5段も7段も上に居るとおもうので
 
エルティガが進化して大きな技術向上があれば、ノアやステップワゴンのような車が登場するほどにインドの市場が成長すれば、次の代・次の次の代あたりでバレーノのように日本に出せる第2弾・第3弾の車になり、いよいよ青写真も現実になると期待しています そのためにもぜひスズキもこのまま力を蓄えながら1年1年歩んでほしいです
Commented by 名無し at 2016-11-18 21:18 x
> virtualXXX氏
東南アジアは道路事情が良くないですから仕方ないです。
APVもデザインは良いので、日本の様なフラットな路面なら快適に走るでしょう。でもエンジンが古いG系+4ATなので燃費はイマイチですね。
私個人的には広いスペースが釣りとかで重宝しましたけどね。

エルティガはスイフトベースなので乗り心地はいいです。
動力性能もK14B+4ATなので不足はないです。
ホイールベースを伸ばして3列目の足元スペースが広がれば結構いい感じになると思います。
エルティガはインドネシアではマツダにもOEMしてるんですよ。

いずれにしても次期ランディがないのは個人的に辛いです。