マツダ EVを米国で2019年に発売。トヨタと共同開発


7a

マツダの小飼雅道社長は17日までに共同通信などのインタビューに応じ、2019年に米国で電気自動車(EV)を発売する方針を表明した。EVの制御技術などで、トヨタ自動車と共同開発を検討していることも明らかにした。  小飼社長は「独自でEVの開発を進めている」とした上で、「トヨタのモーター駆動の技術は(マツダの)はるか先を行っている」と指摘。「共同で取り組んだ方が効率的な面もある」と語った。  EV投入は、排出ガス削減を義務付ける米国の環境規制に対応するのが狙い。  独自の低燃費技術「スカイアクティブ」を採用したディーゼル車を17年後半に北米に投入する方針も示した。
山陽新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-17 06:43 | マツダ | Comments(3)

Commented by のぺのげ at 2016-11-17 07:10 x
なによこの写真w
旧型デミオなんだけど、NISSANの建物の前やないけw
Commented by なに at 2016-11-17 09:58 x
アメリカって排出ガス規制とか言うてるわりに大排気量の車ばっかやん。昔より少ないってだけ?
Commented by あのに at 2016-11-17 11:28 x
アメリカの規制は地域差が大きいのかと。
人の多い地域(e.g. カリフォルニア)は厳しくなる傾向があります。(ヨーロッパも同じ傾向です。)