マツダ 米DE投入が遅れたのはVWの不正のせい

マツダは、2019年に量産型電気自動車(EV)を市場投入する方針を明らかにした。
プラグインハイブリッド(PHV)の技術開発も進め、
2021年以降に市販を目指す。自動車の電動化技術では、
包括提携で合意しているトヨタ自動車とも協業していく。

7a



マツダはこれまで、環境対応車として
コンベンショナルなガソリン・ディーゼル車の低燃費化にこだわってきた。
米国や欧州、中国など、各国で環境規制が強化される中、電動化にも環境対応車戦略を転換、「マツダらしいEV」(小飼雅道社長)を投入して市場での生き残りを模索する。 小飼社長が報道陣とのグループインタビューで明らかにした。マツダは、構造改革「ステージ2」で、次世代スカイアクティブ技術を展開していく方針。次世代スカイアクティブの一つとしてマツダ初となる量産型EVやPHVの市販化に向けた技術開発と投資にも前向きに取り組んでいく方針だ。EVやPHVの市場投入は、環境対応車の一定比率の販売を自動車メーカーに義務付ける米カリフォルニア州の「ZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)規制」に対応するためでもあるが、「地域を限定するのではなく、他地域でも広く活用できる技術として商品化を進める」(小飼社長)方針。2019年に発売を計画するEVの車種については明言を避けた。ただ、走行性能などを重視したモデルを拡充して販売を伸ばしてきたマツダとして、電動車両でも「マツダらしさ」にこだわる。山口県や広島県で公用車として提供している「デミオEV」は、巻線切り替え式モーターという「他社とは異なるマツダらしいユニークなモーターを採用し、加速感は非常に良い」としており、これら独自技術を採用していく方針。また、3年前に発表したロータリーエンジンを発電機として活用する「ロータリーレンジエクステンダー技術」の応用も視野に入れる。 「現在は、EVにはどういう技術分野が存在して、EVの特性をどう生かすか研究を進めている段階。『EVであればそれでいい』ではない」(小飼社長)と、マツダらしさを全面に打ち出した電動車両を市場投入する構え。 一方、マツダは2017年後半から、北米向け新型「CX-5」にクリーンディーゼルエンジン「スカイアクティブ―D 2.2」を搭載すると発表した。マツダとしては初めて北米向けに導入するディーゼルエンジン車。当初計画では、2012年に「マツダ6(日本名=アテンザ)」にディーゼルエンジン搭載モデルを投入する計画だったが、独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題に伴い、計画を延期していた。新型CX-5投入を皮切りに、順次ディーゼルモデルの設定車種を拡げて、米国の新車販売増の上積みを図っていく。 独VWの排ガス不正問題が与えるディーゼル車市場について、小飼社長は「マツダとして影響はない」としている。11月16日から米ロサンゼルスで開催中の「ロサンゼルス自動車ショー」で、丸本明副社長執行役員は「北米市場で優れた走りと燃費性能の両方を求める顧客にとって、新しい選択肢になり得ると信じている」と述べた。
日刊自動車新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-18 20:48 | マツダ | Comments(0)