トヨタ 新型C-HR岩手工場で生産開始。計画より多く生産

トヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)が、
新型の小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「C-HR」の生産を
岩手工場(岩手県金ケ崎町)で始めたことが18日、分かった。

7a

トヨタ自動車が年内に発売する予定。拡大するSUV市場にトヨタが投入する新型車への期待は高く、関係者によると、生産台数は年20万台規模になる見通し。東北への自動車産業の集積がさらに加速する可能性がある。 C-HRはハイブリッド車と1200ccのターボエンジン車の2種類。ハイブリッド車の価格は260万円前後に設定される見込み。トヨタが進める部品共通化戦略「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を、トヨタ東日本では初めて採用する。  トヨタはC-HRをSUVの世界戦略車に位置付け、国外では既にトルコなどで生産。国内では岩手工場が全車両を手掛ける。
同工場での月産台数は当初計画で数千台だったが、注目が高まり目標を引き上げた。来春に予想されるピークには月2万台近くになる可能性がある。  近年のSUVブームをけん引する小型SUVを巡っては、ホンダや日産、マツダなどが新型車種を投入。軽自動車のSUVモデルも登場し人気を集める中、トヨタはこのクラスで出遅れていた。  トヨタ東日本は岩手工場でアクアとカローラフィールダーを、宮城大衡工場でシエンタを手掛ける。2015年度、東富士工場(静岡県裾野市)を含む3拠点で計約51万台を生産した。C-HRの受注が順調に進めば、17年度は過去最高だった12年度の約66万台を超えそうだ。  岩手工場では今月23日、生産量の増加に対応するため、期間従業員101人を正社員として登用。新たに期間従業員230人の採用も進めている。
kahoku.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-19 21:36 | トヨタ | Comments(0)